Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ナナは11ヶ月になりました。

最近、ソーイングができなくなりました。
ナナは毎日午前5時すぎに起きます。何とか5時半までベビーベッドで一人で放っておくのですが、5時半から遊びにつきあっています・・・。ちょっと前までは、時計で測ったようにきっちりと午前中1時間半、午後2時間昼寝をしていたのですが、今は昼寝をしてもせいぜい1日1回で長くて1時間半です。
さすがに午後6時ごろには、目をしきりとこすりだします。7時にベッドに入れるとすぐに寝てしまいます。
何とか起こしておいて午後8時に寝かせても、ガッカリすることに、起きる時間は同じです・・・。

夜、ソーイングをすると、とてもとても私の体力が持たなくて、ナナと昼間遊びながら、眠くて仕方がなくなります。

ナナは、つかまり立ちがとても楽しいようで、伝い歩きも始めました。
時々、バランス感覚を養っているかのように、意識しながら両手を離したりします。赤ちゃんなりに考えているみたいです。でも、その一方で、何かに夢中になって不注意に両手を離してしまって、倒れたりもします。

来月は誕生日です。
誕生日の頃には歩いているのかなぁ。
[PR]
by crabapple_BB | 2011-06-20 11:39 | 子供の成長記録

パンツ

d0103098_11125237.jpg

パターン:「歩きはじめた子どものために」(32のパンツ 80cm)
布   :レーヨン混リネン

これは、サイズとスタイルを見たかったので試作として、数年前に私のバイヤス裁ちワンピを作ったハギレで縫ってみました。
本の中では3つパンツのパターンがあって、これは一番細いものです。丈は2つラインが入っていて、きっとフルレングスで作ると、長すぎるので短めラインを選びました。33のパンツを真似て、裾にはスリットとレースをつけました。(ポケットにも。)
d0103098_11145494.jpg

ポケットなんて必要ないし、単なる飾りだけど、ついているだけで可愛く思えます。スリットもちょっと面倒でしたが、これも着せてみると、可愛いです。完全なる自己満足です。(笑)
d0103098_11132873.jpg


More
[PR]
by crabapple_BB | 2011-06-11 11:21 | ソーイング

スイート・リトル・ドレス

d0103098_12322630.jpg

しばらく前から気になっていたオンラインのパターン、買いました。アメリカのオンラインパターンの第2弾です。
これってよくあるタイプのものですが、小さい子にはとても可愛いパターンだと思います。そしてとても簡単!3枚目ともなると、裁断さえ前日の夜に済ませておくと、ナナのお昼寝の1時間の間に縫って仕上げまで終わりました。

パターン:スイート・リトル・ドレス 12M(leila & ben)
布   :nani IRO
d0103098_1232552.jpg


More
[PR]
by crabapple_BB | 2011-06-06 12:37 | ソーイング

赤いチュニック

5月に入って、ようやく暖かくなったと思っていたら、ずっと雨で肌寒い日が続いたりしていたのですが、5月末に夏のような日々がやってきました。
d0103098_11493722.jpg

前回アップした卒業式に着せるために、前日の夜遅く完成させた服です。

ナナが生まれたときに、出産祝いに姉にリクエストした本、「歩きはじめた子どものために」から作りました。パターンは80cmからなので、ナナに着せられる日を楽しみに、この10ヵ月間「何から作ろう。」と、繰り返し眺めてきた本です。

本の中で一番かわいいと思った服を、お気に入りの布で丁寧に縫いました。

布   :Full moon dot in cherry by Amy Butler (エイミー・バトラー)
パターン:29のワンピース(「歩きはじめた子どものために」80cm)
d0103098_1136364.jpg


More
[PR]
by crabapple_BB | 2011-06-03 11:56 | ソーイング

卒業式

日曜日に夫の出身大学の卒業式に行ってきました。
d0103098_12243283.jpg

誰か知り合いが卒業したわけでもありません。
この大学、卒業式と同窓会を兼ねていて、毎年卒業式の朝に同窓生のパレードがあるので、それに参加してきたのです。
d0103098_12245175.jpg

古い大学なので、なんと今年は第243回目の卒業式でした。卒業年度ごとにキャンパス内の指定された場所に集合し、先頭の人が卒業年度が書かれた旗を持ち、古い同窓生(80代の人たち)からパレード(単なる行進ですが。)を始めます。大学の周りは徹底的に車は封鎖されていて、指定の場所につくと行進をやめて沿道に立ち、花道の一部になります。私たちは、80歳代、70歳代、60歳代、50歳代などの同窓生が沿道から拍手喝采を送ってくれている前を行進し、今度は沿道に立ち、自分達よりも若い同窓生が目の前を通っていくのを見るのです。そして、もちろん最後には、黒いガウンを来た今年度の卒業生たちが、参加している全同窓生の前を行進です。みんなとっても誇らしげでした。
d0103098_12281831.jpg

それで終わりかとおもいきや、今年度の卒業生の後に続いたのは、一番古い同窓生たちで、また次々と年代がさかのぼり、私たちも自分たちより若い同窓生の前を行進し、最後に今年度の卒業生が沿道にいる前を行進して、おしまいでした。つまり、結果的には全員の行進を見送るし、全員の前を歩くことになるのでした。全長1マイル(1.6キロ)のパレードで2時間ほどかかったのですが、とっても素晴らしい伝統だなぁ、と感動しました。(もちろん、私はその大学の同窓生でも何でもないのですが、家族参加で、奈々も一緒にパレードに参加しました。)

午後からは、キャンパス内の芝生の広場で卒業式が行われていました。青空の下で厳かな式典が行われ、これもまた感動でした。
d0103098_1225136.jpg

[PR]
by crabapple_BB | 2011-06-01 12:29 | 暮らし