Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:暮らし( 239 )

d0103098_10382687.jpg

もう11月。
夏時間もようやく終わりました。
赤い紅葉はほとんど散ってしまって、黄色が今とても綺麗です。

暖かくなったり、寒くなったりの繰り返しですが、今年は10月末に積もるほど雪が降りました。
d0103098_1040235.jpg

夜の写真ですが、そのときの雪だるま。
私の帰りが遅い日で、帰ってきると雪だるまができてました。
真冬の雪は、さらさらで雪玉を作るのも難しいのですが、さすがこの時期の雪は湿気を含んでいて、あっという間に雪だるまができたそうです。

d0103098_10431610.jpg

今年もとうもろこし畑の迷路に行ってきました。
d0103098_10433749.jpg

初めて行ったところでしたが、良かったです。

もうこのあとは冬にまっしぐら、かな。
寒くなると外に出れなくなって、かなり活動が制限されます。
暖かい家の中でまったりしているのも、好きですが。
[PR]
by crabapple_BB | 2016-11-07 10:47 | 暮らし

ハロウィン 2016

d0103098_10343861.jpg

無事にハロウィン終了。

今年のコスチュームは、アメリカなら老若男女だれでも知っている超有名なネコ。

d0103098_10364715.gif


ドクター・スースの「キャット・イン・ザ・ハット」の主人公です。

ドクター・スースの絵本は、言葉遊びがおもしろかったり、ハチャメチャなストーリーがおもしろかったりで、アメリカでは子どものうちに必ず読む本です。
そして彼の本の中でも一番よく知られているのがこの本です。
初版が1957年ということなので、かなりクラシック。
小学校でもよく教材に使われていて、ドクター・スースの誕生日の週は盛大に学校でお祝いをするほどです。

More
[PR]
by crabapple_BB | 2016-11-01 11:05 | 暮らし

2016年サマーキャンプの総括

今年の夏休みに参加したサマーキャンプは以下のものでした。

1.フィールドトリップ型の「毎日が遠足」キャンプに4週間
2.フィラデルフィアでスポーツ主体のキャンプに2週間
3.私立小学校Aのキャンプに2週間
4.私立小学校Bのキャンプに2週間

こちらに以前の記事があります。

自分での覚書もかねて、サマーキャンプの総括です。
興味のある人のみどうぞ。

More
[PR]
by crabapple_BB | 2016-09-30 11:27 | 暮らし

新学期スタート

新学期がスタートして1週間半がたちました。
アメリカは夏休みが長いだけに、新学期のスタートは本当に大ごとのよう。。。

うちは撮っていないですが、新学期の初日にほとんどみんな子どもの写真を撮ってファイスブックにアップ。
(アメリカ人も日本人も、です。)

ナナは1年生になりました。

More
[PR]
by crabapple_BB | 2016-09-19 11:40 | 暮らし

近況

d0103098_1058253.jpg


7月はまぁまぁいい調子で縫えていたのですが、オリンピックが始まって、全然縫う時間が取れなくなってしまいました。
オリンピックのテレビ観戦の時間は、ナナが寝てからの9時すぎから。
まさしく、私のソーイングの時間なのです。
そして、いつも12時前に眠くて眠くて仕方がなくなり、ギブアップ。

写真はサッカーボールの上にのっかっていたチップモンク。

2枚裁断だけしたままになっている夏物を早くなんとかしなくちゃいけません。
[PR]
by crabapple_BB | 2016-08-16 11:03 | 暮らし

アメリカの夏休みとサマーキャンプ

d0103098_12393561.jpg

夏休みに入って、4週間ちょっとが経過。

アメリカの夏休みがどれだけ長いかというと、今年の場合、丸10週間プラス5日で、合計75日間に及びます。
日本だと、小中学校の夏休みは、ざっくり言うと「40日」なので、約2倍の長さです。
そして、75日間というのは、日本の小中学校の3学期に相当する長さなのです。
そう考えてみると、ちょっと恐ろしいような長さ。

片親が働いていないと、この長期間にわたって家で子どもたちの面倒を見るのも大変だろうなぁ、と思う反面、共働きの家庭の子どもは、夏休みの期間も、「朝寝」や「だらだら」とは無縁で、学校があるときとまったく同じ時間に家を出て、同じ時間に帰ってくる、という生活を送ることになります。

日本の場合、会社勤めだと、夏にお盆休みというのがありますが、アメリカの企業に「夏休み」は一切なくて、7月も8月も普段と全然変わりなく毎日が仕事です。
ただ、子どもが夏休みだから、ということで有給を1週間とって旅行に出かける人は多いです。(私はそんな計画もなしです。)

さて、ナナがこの夏休みの10週間をどうやってすごしているかというと、サマーキャンプです。

(上の写真は、お誕生日パーティーに呼ばれたおうちの裏庭。ブランコ、滑り台、シーソーなどすべての遊具があり、しかもツリーハウスとジップラインまで。)

More
[PR]
by crabapple_BB | 2016-07-23 11:37 | 暮らし

いちごの季節

d0103098_18374762.jpg

いちごの季節がやってきました。

ナナの学校も終わり、夏休みに突入。
当然ながら、この年齢で家で一人で置いておくわけにもいかず、有給を取って、ストロベリー・ピッキングに行ってきました。
d0103098_18393912.jpg

広大なストロベリーフィールド。
なぜか暑いのに長袖を着ている人。
もちろんしばらくすると、すぐにシャツは脱いでいましたが。
d0103098_18405137.jpg

いちごはシーズンの真っ只中で、あっという間にいっぱい採れました。

帰ってきてから早速作ったものは、こちら。

More
[PR]
by crabapple_BB | 2016-06-25 18:58 | 暮らし

キンダーガーテン修了

ブログを長らく放置していました。。。

まだ来週の3日間残っているのですが、キンダーの1年が終わろうとしています。
先週、キンダーの発表会があり行って来ました。
d0103098_1262422.jpg

この日、「発表会のために、一番いい服を着て登校しましょう。」ということになっていました。

やっぱり女の子ならワンピースだろうな、と思ったのですが、ナナは断固として拒否で、泣き出す始末。
「Tシャツを着ていく~。一番いい服はTシャツでいいの。」

ナナの学校のキンダーは3クラスで、合計70名弱ぐらい。
なぜか男の子が圧倒的に多くて、女の子は30名弱。
発表会では、みんなの服装をひたすら観察していたのですが、やっぱり女の子はみんなワンピースで、そうじゃない女の子はナナともう1名のみでした。

さすがにTシャツを着せるわけにはいかないので、去年に縫ったフリル袖のチュニックを。
となりの男の子はなんとネクタイまでしめてスーツ姿。
外での発表会で、かなり暑い日だったので、この男の子、本当に暑かっただろうなぁ。
(他の男の子は、衿のついたシャツにショートパンツという格好が多かったです。)

d0103098_12191050.jpg

この発表会、歌が主体だったのですが、本当に可愛かったです。
子どもの成長も感じられたし、見ながらひとりで感動していました。

キンダーの1年を振り返っての感想。
(興味のある人のみどうぞ)

More
[PR]
by crabapple_BB | 2016-06-19 13:07 | 暮らし

d0103098_1151455.jpg

長らくブログを放置してしまっていました。

この冬は「観測史上、一番雪が少ない冬」の記録を打ち立てていました。
総積雪量、たったの10.3インチ。(25センチちょっとぐらいです。)
本当に驚くほど雪が降らなかったのです。
そして暖かい暖かい冬でした。
アップステートNYに住んでいて、1度もそり遊びができなかったし、スノーブーツもいりませんでした。

これまでの一番雪が少なかった記録は、なんと113年前の1902ー1903年の冬だそうです。

その記録を更新していたわけだったんですが今日、降りました。

d0103098_11141679.jpg


3月も暖かくて、先週の金曜日なんて気温が22℃もあったのですが、今日はマイナスの気温でした。

久々のブログなのに、つまらないお天気ネタですみません。
いろいろと忙しくて、ソーイングもなかなか進んでいません。

ぼちぼちと頑張ります。
[PR]
by crabapple_BB | 2016-04-05 11:21 | 暮らし

エリック・カール絵本美術館

月曜日がプレジデントデーの祝日で、3連休でした。

この冬はニューヨークも暖冬なのですが、この3連休だけは例外で、この冬一番の寒さ。
日曜日はなんと午前10時の時点でも気温がマイナス20℃で、最高気温もマイナス13℃程度までしか上がりませんでした。この日はアメリカの北東部のあちこちで観測史上最低の記録を更新したそうです。

d0103098_1216920.jpg

月曜日に「はらぺこあおむし」の絵本で有名なエリック・カールの絵本美術館に行ってきました。

マサチューセッツ州のアムハーストにあります。
d0103098_1219211.jpg

小さな美術館ですが、とーっても良かったです。

原画を見るだけでなく、添えられている説明のひとつひとつがすごく興味深くて、丁寧に読んでいきました。ナナよりも、私と夫のほうがよっぽど楽しめました。

たとえば「はらぺこあおむし」の本は1969年にアメリカで初めて出版されたのですが、その特徴的な穴のあいたページを作る技術が当時のアメリカにはなくて、わざわざ日本で製作されたらしいです。
さすが日本の技術!
d0103098_12265228.jpg


この日も途中から雪が降ってくる寒い寒い1日でした。
d0103098_12273848.jpg

しかも行きの道中で、とんでもないハプニング!

More
[PR]
by crabapple_BB | 2016-02-17 12:54 | 暮らし