Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 23 )

ハッピー・イースター

今日はイースターでした。
一般的なアメリカ人の家庭はイースターに何をするのかよく知らないのですが、とりあえずナナには、とても楽しい一日になったようです。
d0103098_923210.jpg

まずこれは色付けをした本当のたまご。
ゆでたまごです。

More
[PR]
by crabapple_BB | 2014-04-21 09:20

最近は

d0103098_1244364.jpg

毎週末のようにビーチに行っています。
でも、ビーチと言っても、このあたりでは、海ではなくて湖ですが。

ナナは水が大好きで、水に入ると出たがらなくて、こっちがへとへとになってしまいます。最後は、いつも「みず!みず!」と泣き叫ぶナナを無理やり、抱きかかえて車に乗せてつれて帰ります。

きのうの独立記念日も、湖で過ごしました。
[PR]
by crabapple_BB | 2012-07-06 12:05

赤ちゃんとの飛行機の旅

今回のコロラド旅行では、ナナの飛行機の座席は購入しませんでした。(2歳まで親のひざに座れます。)ユナイティッド航空を使ったのですが、なんといつの間にか、アメリカ国内線はチェックインの荷物が有料になっていました。ビックリ!(1つ目は25ドル。2つ目になると35ドルになります。)

まず荷造りの時点で、赤ちゃんの荷物が増えるだけで、大量に荷物が増えました。1週間の旅行だったので、1週間分のおむつ、粉ミルク、ベビーフード、着替えなど。機内手荷物もほとんどナナのものばっかりでした。

行きはワシントンDC乗り換えでデンバーまで、帰りはシカゴ乗換えでニューヨークまでだったのですが、初日からトラブル。
最寄の空港からワシントンDC行きの飛行機が、ストームの影響で2時間以上出発が遅れたために、当日の乗り継ぎデンバー便がなくなり、ワシントンDCで1泊する羽目になりました。大人だけなら、「まぁ、仕方ないよなぁ」と思えるのですが、子供連れだったので、「えーーーーーーーーーーーーっ、そんな!!!」とおろおろしてしまいました。

飛行機の離着陸のとき、赤ちゃんはうまく耳抜きができないので、とにかく何か飲ませること、と聞いていたので、毎回飛行機の離陸の時間に食事の時間を合わせるように努力し、離陸のときにミルクを飲ませると、飛行機の上昇する動きの助けもあって、毎回すんなりとたちまち眠りに落ちてくれました。だから、いつも最初の1~2時間は熟睡だったのですが、問題はその後の起きている時でした。9ヶ月ともなると何かがないと退屈するので、おもちゃもいろいろと持って行ったのですが、おもちゃを投げて遊ぶのが最近のナナのブームで、あちこちに投げまくるので、となりの席の人に何度も拾ってもらうことになり、おもちゃはダメ。ぐずりだすと、最終的には赤ちゃん用のスナックのパフをひたすら食べさせるしか静かにさせる手がありませんでした。

今回、一番長いフライトで、ワシントンDC~デンバーまでの4時間だったのですが、4時間ぐらいはその手でなんとか乗りきれても、日本までの14時間とかのフライト、赤ちゃん連れの人って、どうやって乗りきっているのでしょうか。ちょっと考えただけでも、うんざりとしてしまいます。

機内には、8オンス(240cc)の缶入りの液体ミルク数本やレトルトのベビーフードを持ち込みました。もちろん空港のセキュリティーチェックでは、かばんからそれらを出して通したのですが、ワシントンDCの空港とデンバー空港で、係員に「ミルクの缶やベビーフードの袋を開けて中身の検査をしないといけない。」と言われました。ワシントンDCでは、ラッキーなことに、すぐ近くに別の女性の係員がいて、「液体ミルクは、一旦開けてしまうと2時間以内に消費しないとダメになるので、赤ちゃんのものは、開けなくてもいいのよ」と言ってくれて、逃れられたのですが、デンバーでは、どんなに説明しても譲ってもらえませんでした。でも、開けられることを拒否した結果、かなり綿密なボディーチェックとかばんのチェックを受けさせられました。
d0103098_23451215.jpg

セキュリティーを厳しくして、テロ対策をしてくれるのはありがたいことなのですが、赤ちゃんを連れて、市販のパッケージに入ったベビーフードやミルクを持ち込んでいる場合、もうちょっと考えて欲しいよなぁ、と思ってしまいました。
d0103098_23475155.jpg

[PR]
by crabapple_BB | 2011-05-14 23:48

コロラド旅行

d0103098_11351230.jpg

なんだかとても季節はずれの写真なのですが、4月16日~23日のイースター休暇に、コロラドに行ってきました。行き先は、コロラド州デンバーから車で約2時間のウィンター・パークというスキーリゾートです。ここは、ロッキー山脈の中で海抜2700mのところなので、4月中旬から下旬でも、この雪景色でした。
d0103098_11562816.jpg

ナナがいるのに、どうしてスキーなの?という感じなのですが、夫の家族が大のスキー好きで、この旅行は夫の両親、姉、妹、甥っ子などがみんなで集まるための旅行でした。
d0103098_11572319.jpg

私は基本的には、ナナとホテルにいて、スキーヴィレッジ内を散歩したりの毎日だったのですが、ナナの面倒を他の人たちに見てもらって、3日間だけ2時間ずつスキーもしました。とーっても久しぶりのスキーでした。
スキーは実は好きじゃないのですが、とにかく人が少なくて、春スキーなのでこう見えてもあたたかくて、ちょっとだけするには楽しかったです。
d0103098_11585678.jpg

[PR]
by crabapple_BB | 2011-05-11 11:59

ナナは8ヶ月半です。

8ヶ月になったことを忘れていたわけではないのですが、いろいろと忙しくて、だいぶ日が経ってしまいました。
一応、覚えておくために、8ヵ月半の記録です。

座っている姿勢から、手を前に突き出してはいはいをしようとする気配を見せています。10日ほど前は、それでも手で上半身が支えきれなくて、頭からいつも倒れていたのですが、倒れなくなりました。(一度、ちょうどトレイを置いているところに頭から倒れて、トレイの角で額を切ってしまいました。。。)

発する言葉も、「ダダ」「ブブ」など、なんとなく言葉っぽく聞こえるようになってきているので、意味のある言葉を言うのも、そう遠くないことなのかなぁ、と思います。

最近、気づいたのは、くしで髪の毛をとかしてもらうのが大好きなことです。髪もだいぶ伸びて、後ろの髪がもつれてくしゃくしゃなので、くしを使い始めたのですが、もつれをほぐしている時も不思議とおとなしくしていて、どうもとかされるのが好きな模様。

離乳食も、おかゆをすり鉢でつぶさなくても、食べられるようになりました。野菜も小さな角切りなら大丈夫です。

音楽が大好きで、音楽をかけると曲にあわせて、体を前後や左右に揺らせて、ダンスを始めます。こんなに小さい子どもなのに、そんなこと、どこで覚えたのでしょう。見ていると、とってもかわいくて、おもしろいです。

ちょっと最近、泣くことが多くなってきて、泣き出すと座らせようとしても、反り返って泣きます。何が原因なのかはわからないですが、「嫌なものは、嫌だ」と体じゅうで主張しているようです。
数年後に、スーパーの床でひっくりかえって駄々をこねて泣いている子どもにならないことを祈るばかりです。
d0103098_1185748.jpg

[PR]
by crabapple_BB | 2011-03-31 03:14

スカート&レギンス

d0103098_1232815.jpg

まだまだ雪が残っています。
クラブアップルの木の下にロビンがいっぱい。落ちているクラブアップルの実を食べているようです。
d0103098_123525.jpg
前から気になっていたスカートを縫いました。
作り方はHomemade by Jill のチュートリアル(英語)より。

3~6ヶ月用のサイズで書かれているので、適当に大きくしたら、随分と大きく仕上がってしまいました。生地は、数年前に私のショートパンツを作ったハギレです。

レギンスは、初めてアメリカでインターネットでパターンを購入しました。
Lil" Blue Boo です。
PDFファイルで自分で印刷するパターンなので、送料もいらず、購入してから24時間以内に送られきて、とってもスピーディー。

6~12ヶ月用の一番小さいサイズで作りました。布は、コスモさんのおまけのワッフル。

More
[PR]
by crabapple_BB | 2011-03-05 12:21

冬のあったか服

このところ、本当に冷え込んでいます。先週の土曜日の最低気温は-20℃を記録しました。今日の最高気温も-10℃程度。
明日から仕事なんですが、(実は今日まで長い長い休みで働いていませんでした。)ストームの警報が出ています。雪のあと気温が上がるようで、ミゾレまじりになり freezing rainという一番やっかいなお天気のようです・・・。すべてが氷に覆われます。

仕事の始まる前にせめて1枚でも・・・と縫いました。
(ベストは実は2ヶ月以上も前に縫ったものです。ブログに載せてませんでした。)
d0103098_1341767.jpg
パターン: Simplicity 2523
( 65cmの6ヶ月サイズ)
布:アイボリー色のボア(ジョアン)
ジャケットの残り布です。
  裏布はクルールさんのブラウス地






d0103098_13413278.jpg
パターン:「小さくてもきちんとした服」ピクシーパンツ(6ヶ月サイズ)
布   :シロクマ色のフリース(ジョアン)

More
[PR]
by crabapple_BB | 2011-01-18 13:47

Happy 2011!

きのう、ようやくフィラデルフィアから帰ってきました。
d0103098_14162581.jpg

クリスマスの翌日の雪。
ナナは真新しいスノースーツを着て、雪のお散歩やそり遊びを楽しみました。

d0103098_14165268.jpg
d0103098_14192488.jpg












相変わらず絶不調のコンピューターのため、ゆっくり更新になりますが、今年もどうぞよろしくお願いします。

クリスマスの夫から私へのプレゼントは・・・。

More
[PR]
by crabapple_BB | 2011-01-10 14:23

Christmas Tree

もうすぐクリスマスですね。
ナナの初めてのクリスマス。

ツリーのオーナメントは、全部、夫の実家から来たものです。
d0103098_8141794.jpg

左の粘土細工のオーナメントの裏には、夫の妹の名前と1975年の文字が。
右のものも同じく1975年のもので夫の名前が書いています。2人が子供のときに作ったものなのです。
そして真ん中の丸いオーナメントの裏には「1958 Leslie 」と。レスリーというのは夫のお姉さんの名前で、お姉さんが生まれた年に買ったものだそうです。なんと52年前のもの。

ツリーのオーナメント、以前に飾ったとき、なんだか統一性がなくて、実は好きになれませんでした。古いものも多いし、好みのものに買い換えたい、と思っていました。

でも、子供ができて初めて、こういう家族の歴史を感じられるツリーもいいなぁ、と感じるようになりました。人の感じ方って変わるものなのですね(笑)。
d0103098_8133198.jpg

ナナの保育所からもらった靴下のオーナメント。安っぽいけれど、最初の年の思い出としてこれから数年飾るかもしれません。ナナがもうちょっと大きくなったら、やっぱり一緒に手作りして、オーナメントを増やしていきたいです。

明日から夫の実家のフィラデルフィアに行きます。後部座席はナナとスモーキーのかごと荷物で満杯になりそうです。2週間ちょっと滞在予定です。

d0103098_8144668.jpg

Merry Christmas and Happy New Year!
皆さん、良いお年を。
[PR]
by crabapple_BB | 2010-12-24 08:19

エル・サルバドル ’08-’09 その他

「まだエル・サルバドル?」と思った人、ごめんなさい。これで最後です。

これは闘鶏のためのにわとり。闘鶏ってフィリピンなどの国でも行われていますよね。
d0103098_952038.jpg

エル・サルバドルは人口の実に4分の1が貧困層です。
そして人口の3分の1がアメリカ、カナダ、オーストラリアなど他国に流出しています。義兄もそのうちの一人ですが、彼の兄弟の大半もアメリカ、カナダに住んでいます。

「物価は安い」と聞いていたのですが、どこで買い物をするかによります。
首都のサン・サルバドルには、アメリカにいるのかと思ってしまうほど綺麗な大規模なショッピング・モールがあります。アメリカのモールとほぼ同じような店や高級ブランドの店が入っていて、値段もほぼアメリカと同じでした。

ホテルにアメリカ並みの快適さを求めようとすると、やはりアメリカ並みの料金。
そしてホテルでミネラルウォーターを買うと1ドル50セント。
クコビーチで泊まったところは、部屋にトイレ、シャワーが付いていたけれど、シャワーは水しか出なくて、しかもチョロチョロ・・という水の出方。
シャンプーや石鹸などもありませんでした。でも、立地のために、アメリカで中級ホテルに泊まる程度の金額でした。

d0103098_955869.jpgd0103098_96208.jpg









一方、地元の人がいくようなマーケットに行くと、ミネラルウォーターは20~40セント。庶民の食べ物のププサも、2ドルも出せばお腹いっぱい食べられます。
マーケットは、なんだか那覇の牧志公設市場によく似ていました。
夫はマーケットでエル・サルバドルのサッカーシャツを買ったのですが、同じものが空港で3倍の値段で売られていました。
マーケットでは、ちょっと品物に興味を示すと、どんどん勧めてくるので、ゆっくり見れないのが難点です。そして、売り子さんのスペイン語もわからないし。

エル・サルバドルでアメリカのスクールバスを目にしました。ビックリでした。
同じ型のものを使っているのかと思いきや、そうではなく、アメリカで使わなくなった古いスクールバスを輸入しているようです。
そして、最終日に義兄の親戚家族とショッピングモールのゲームセンターに行ったのですが、ナムコやコナカなどの日本のゲーム機のオンパレード。しかも日本語のままです。「いつのもの?」と思われるようなパックマンのゲームがあったり、夫が「これ、10年ぐらい前に日本でやったことがある」というゲームがあったり。
こちらも、日本で古くなって需要のなくなったゲーム機を輸入しているようでした。

前々回にちらっと書きましたが、この親戚家族にはメイドさんがいます。
そしてボディーガードも。大きな日本車を3台も持っていて、豪邸に住んでいました。12歳の子供はアメリカン・スクールに通っていて、英語を話します。

その一方で、路上でナッツや海賊版のDVDを売っている子供たちもたくさん見かけました。いろいろと考えることも多い旅行でした。
d0103098_965859.jpg

さて、明日から仕事です。
そうなんです、今日まで長い長い休みでした。

暖かそうな写真ばかりアップしてきたけれど、ここ数日寒波の到来でとても厳しい寒さでした。最高気温がマイナス10℃の日が4~5日続きました。
最低気温はマイナス20℃を超えて、なんと地下室の水のパイプが凍結してしまって、金曜日の朝、水が出なくなりました。パイプの破損などはなく、業者に来てもらって15分で直ったのですが、300ドル近くかかりました(泣)。
[PR]
by crabapple_BB | 2009-01-20 09:13