Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

野菜畑

d0103098_5564829.jpg今年の畑で、一番好調なのが、日本のきゅうりとズッキーニ。
日本のきゅうりは、去年も植えたものの、ようやく苗が15cmほど成長したところで、何者か(おそらくウッドチャック)にすべて食べられて大ショック。
アメリカのきゅうりはとにかく太くて種だらけで、正直全然おいしくないです。
なので今年は喜びもひとしお!

ズッキーニと共に1日に2~3本は確実に採れます。

d0103098_557593.jpg



去年のウッドチャックの被害を教訓に、今年は去年よりも畑を囲っているフェンスを頑丈にしたにも関わらず、ブロッコリーはこの有様。
何者かに、穴を掘ってフェンスの下から侵入され、ブロッコリーの株は20近くあると思うのですが、ひとつ残らず、上の部分をかじられました。
せっかく大きくなってきていて、本当に楽しみにしていたので、またしても大ショックです。


d0103098_6103031.jpg



さて、こちらはディルの花。
ハーブ類は好調だというのに、ディルの使い道があまりわからず、「きゅうり」と「ディル」と言えば・・・・ ということで、作ってみました!


d0103098_6133889.jpg
何がなんだかわからない写真ですが、きゅうりのピクルスです。
「ピクルス用の塩を使うこと」と書かれていたので、わざわざ塩も調達。
そしてジャーと呼ばれるガラスの瓶も買ってきました。生のきゅうり、ディルの花、マスタードシードなどのスパイスを瓶にいれて、そこに水と酢と塩を沸騰させたものを注ぎます。蓋をして、瓶ごとお鍋に入れて、熱湯の中で15分ぐつぐつ。

1週間後から食べれるようです。
完全に封ができているのか不安なのですが、きちんと封ができていれば、常温で1年間保存できるらしいです。

きゅうりのピクルスは夫の昼食の友なので、この量なら1ヶ月も持たないですが・・・。
[PR]
by crabapple_BB | 2008-07-28 06:32 | ガーデン | Comments(6)
Commented by Treehouse-in-k at 2008-07-28 08:02
すごいなぁ、BBさん。私も億劫がってないで野菜作りをしなきゃ、という気に
させられます。でもせっかく収穫目前までいって、野生の動物たちにやられて
しまうのはかないませんね。動物たちも賢いですよね。
ディルはこんなサイトを見つけました。
http://www.laplanta.co.jp/vegetables/dill.html
ディルに似ているらしいフェンネルを使ったタコのマリネをいただいたことが
ありますが、すごくおいしかったですー(^―^)。
Commented by masako_texas at 2008-07-28 08:11
crabappleさん
おはようございます。
野菜、すごいですね。(うちのは枯れた物も…)
苦手なので感心して読みました。

ピクルス 楽しみですね。
瓶の密封は すぐに食べるのであれば 問題ないと思います。
軽く絞めて15分煮て、火を止めたら急いで残りを閉める。
ジャムも同じ方法で 密封しています。

ディルってこんなふうなのですね。始めて見ました。


Commented by jpkitchen-chanoma at 2008-07-28 12:14
ショックでしたね・・・。
でも、きっとその運はこのピクルスに巡って
いつも以上にとっても美味しく出来たりするかも知れませんね。
それにしてもこんなに沢山栽培されててさすがです。
うちのトマト。もうすっごく大きいのに全然赤くならなくて
心配しています・・・。

↓撮影は裏庭だったのですね。
家の裏庭は両サイド境が無く、お隣さんと
繋がっちゃってるので何とかしたい所です。
Commented by crabapple_BB at 2008-07-28 20:46
森の扉さん こんばんは。
野菜作り、楽しいです。なんせ「食べる」という楽しみがあるので。
森の扉さんも、ぜひ来年あたりに始めてください。
それにしても、動物対策は悩みの種です。このブログをアップしたあとに、夕方にさやいんげんの収穫に畑に行ったら、レタスが思いっきり食べられていました。またまた大ショック~。

ディルのサイトありがとうございます。
ハーブ、いろいろあるのですが、いまいちうまく使えなくって・・・。
勉強が必要です。
Commented by crabapple_BB at 2008-07-28 20:50
むーさん、こんばんは。
保存食作り、むーさんの影響です。良い影響をどうもありがとうございます。去年、トマトの瓶詰め、熱心に勧めてくださったのに瓶が手に入らないなどの理由で出来ずに、「来年こそは」と思っていました。
トマトはこれからですが、今年も豊作であれば、瓶詰めできそうです。
やってみるまでは、なんとなく「面倒くさい」という気持ちがあったのですが、やってみればそれほどでもなかったです。
Commented by crabapple_BB at 2008-07-28 20:54
チャノマさん おはようございます。(朝ですよね、アメリカは。)
トマト、うちも大きくなっています。でもグリーンのままです。
去年の経験からすると、赤く色づくまで結構時間がかかったような気がします。(しびれを切らせて、最初の頃は「フライド・グリーントマト」にして食べてました。笑)

チャノマ。さん、最近、読み逃げばかりしていてごめんなさいね。
また、コメント残しますね。