Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

こねない黒パン

d0103098_20313247.jpg
ばーさんがじーさんに作る食卓の「こねない黒パン」を作ってみました。
「こねない」という言葉に弱い私・・・。
でも 大失敗でした。

そのまま食べるのはツライので5mmほどの薄さに切って クリームチーズと生ハムをのせて オードブルに。
そして昨日の夕食のお客さん(アメリカ人夫婦)に出しました。
失敗作をお客さんに出すなんて 勇気のある私。

もともとお客さんのために焼いたわけではなくて 単に家にすべての材料があったから。
そして 作り方がいとも簡単そうだったから。

全粒粉のパンって成功したことないです。
やっぱり粉が重いからでしょうか。
このパンはイーストがかなり多めです。1次発酵は 感激するほどうまくいき うきうきしていたのですが 型に入れたあとの2次発酵がどうもイマイチ。
それでも一応 発酵はしていたのですが 使った型が大きすぎて高さがなかったので 迷った挙句 ガス抜きをして小さめの型に移し変えました。
3次発酵なんていいんだろうか と思いながら。

ダメでした(笑)。
その後まったく発酵せず あきらめてオーブンに入れてそのまま焼きました。
目のつまったズシリと思い生地の塊ができました。

お客さんのおもてなしの話は次のページ。




こちらで人を招くと家中の掃除をしなければいけません。
きのうは そのために仕事を休みました。
そして掃除と料理の支度。 気軽に人を招ける技量があればいいのですが。

夕方 ピラティスに出かけたためそれなりの準備はしていたものの 帰ってきてからシャワーを浴びたり 最後の準備に大忙し。

メニューは
巻き寿司(アボカド巻き 鉄火巻き きゅうり巻き)
豆腐の味噌汁
餃子
ゴマドレッシングの野菜サラダ

それから 鶏団子の鍋。デザートにキーライムパイ。

前回 揚げ物をして大変だったので 私が台所に入り浸りにならないように 鍋にしました。
本当は冬に招待するはずだったのですが 4月末になってしまったので この時期に鍋ってどうなの? と思ったのですが お天気が協力してくれました。
ずっと25度ほどの晴天が続いていたのですが 2日前からお天気が崩れ 今はかなり寒いです。(最低気温は再びマイナスに。)

お客さんが到着し 予定では夫にリビングルームでオードブルとワインで時間稼ぎをしてもらい 私が最後の準備をすることになっていました。
リビングルームに連れていったものの 奥さんが「隣のダイニングルームを見せてね」と 勝手にダイニングに歩いていき さらに「キッチンも見たいわ」と 散らかり放題のキッチンに。
「あの・・ 散らかっているので」と 阻止しようとしたけれど無理でした。
夫とお客さんの旦那さんもキッチンに。 そして悲惨な状態のキッチンで世間話を始め・・・。

「キッチンからお客さんを連れ出して ここには来ないようにして」と夫に耳打ち。

「庭を案内するよ」と 夫がうまく連れ出してくれたものの 3人はなぜかキッチンの勝手口から家の中に入ってきて またまたキッチンに。(正式な玄関が正面にあるというのに。)
必死に鉄火巻きを巻いている私の横に 奥さんがやってきて 「あなたの横で日本料理を見学させてもらうわ」と。
はぁ~。 追い出すのに本当に大変でした・・・。

それから2階など くまなく家中を見学。(そのために家中の掃除が必要なのです。)

食事は どれも喜んでもらえました。奥さんは味噌汁はダメだったようですが。

そして食後の会話で料理の話になり 旦那さんが「きのう本を見て作ったタルトが大失敗だった」と。すると 夫が 「彼女も昨日大失敗をした」と私のことを話に。

ちょーっと待って。なぜ ここで私のことを出すの???
その失敗作をオードブルに出したのに。

「何を失敗したの?」と旦那さん。
「パンを作ろうとしたんだ。」と夫。
「パンは難しいよね」と旦那さん。
「オードブルのパンがそうなんだ。彼女の失敗作。」と夫。

そんなこと明かす必要なかったのに。ちょっと悲しかったです。

「目の詰まったパンだとは思ったけれど おいしかったわよ」と奥さん。

彼らが帰ると ぐったりと疲れました。
そして山のような台所の洗い物。

スマートに人をもてなすのには かなりの経験がいりそうです。
[PR]
by crabapple_BB | 2008-04-30 21:34 | 暮らし | Comments(6)
Commented by candy-sarry at 2008-05-01 00:27
BBさんにとっては笑い事じゃないんだろうけど、ごめんなさい。笑っちゃいました。
失敗作を明かされたのは確かに辛い。なぜ、今ここでー!だよね、ほんと。もうちょっと考えてくれればねぇー。
ホームパーティ好きのそちらでは、これからもおうちでお客様をもてなすことが多いだろうから、がんばってねー。
今回は本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
Commented by masako_texas at 2008-05-01 20:31
crabappleさん
こんにちは~
お疲れ様でした。
そちらの人を呼ぶのってそうですね。思い返しながら読んでいました。
キッチン、料理好きの人ほどきれいではなく清潔ですがいろいろなものがあるように思いました。
また、キッチンの机に来る方が近い感じがしてそれを好きな人いるみたいでした。
家を取り合えずにきれいに(クローゼットに物を入れて)してあとは気取らず素のままでいいんじゃないかしら?
家は、ツアーをする習慣があるから なれないとしんどいですね。
人の家に行ってもいろいろ見せてもらえるので面白いなあと思っています。
旦那さま、パンのことダメですよね~
全粒粉のパンって 難しいですね。

次はきっと この経験が生きて楽しいお食事になるんじゃない?

はじめて人を読んだ頃、ノートをつけてました。
10年くらいでやめちゃったんですが 慣れるまで手際が良くなって便利でした。


Commented by crabapple_BB at 2008-05-02 03:53
candy-sarry さん
夫が私の話を出したとき ギクっとしたんです。でも まさかそこまで明かすとは思わなかったのですが。
パン作りは もうしばらくはいいです・・・。
Commented by crabapple_BB at 2008-05-02 04:02
むーさん
実はキッチンだけ片付けていなかったんです。いろいろなものが ぐちゃぐちゃに・・・。以前に人を呼んだときは キッチンには入ってこなかったんです。だから キッチンだけは手付かずで油断していました。

人の家にいっていろいろ見せてもらえる ってそうですね。
先週の日曜日に近所の人で陶芸をやっていて庭に窯をもっている人が展示会をしていて 近所だし・・・と思って覗いてきたのです。会ったことない人だったのですが 展示小屋で作品を見せてもらって 「すぐ近所に住んでいるものです」と自己紹介したら 「うちの家見る?」といって 家の中をくまなく案内してくれました。びっくりでした。

次は最近知り合った台湾人の女性とその旦那さんを家に呼ぼうと思っています。なんとなく彼女がアジア人なので 少し気が楽なのですが もっと簡単にもてなす方法ってないかなぁ と考えているところです。
Commented by masako_texas at 2008-05-02 08:50
crabappleさん
東洋人は、レンジとオーブンよりもガス台や電気の渦巻の台の方を多く使うので台所のきれいじゃあないうちが多かったです。
そのあたりが 近い感じがして台所の片付けの武器を知ってたり こつをそれぞれ教えてもらうと面白いですよ~
「私はアメリカ生活初心者だからわかんない~」といっていろいろ聞くと人それぞれで楽しいです。(ずるい~、お母さんって悪魔~と後ろで言っています。)
我が家は、SeasonAllというスパイスを鳥の手羽にかけてオーブンで焼くというのが 定番でした。オーブン大きいから 人数によって3段で焼いてましたよ~
あとは、サラダの専用パックとか 卵サラダのもととか くる人がそちらの人のときは日本のものひとつあとは 口に合わないであろうとアメリカのものを簡単に出して楽してました。
このシーズニング とても便利で安いです。
それと日本風のグラタンと牛肉たたきは受けましたよ~
いずれも仕上げが作り置きとおーぶんなのでその間お客さまとお話しできますよね。
それからお寿司はバラチラシが多かったです。
見た目がきれいだから、サラダ感覚で食べました。
焼き鳥もおもしろいみたいですよ~

Commented by crabapple_BB at 2008-05-04 03:03
むーさん 
アイディアをどうもありがとうございます。
やっぱりオーブンの活用は鍵ですね。確かに 最初に準備さえしておけばオーブンの中にいれておくだけで アツアツのものが食べれるんですものね。日本風グラタン とってもいいと思います。
焼き鳥もいいですね。

とても参考になりました。ありがとうございます。