Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

こねずにできるローズマリー・レモンブレッド

風邪がようやく ほぼ治りました。
3日間ほどは 本当に起きれずに トイレ以外はベッドの中。
食事もベッドの中でしていました・・・。(作って運んでくれた夫に感謝!)

ウィリアム・ソノマから届いたカタログに ローズマリー・レモンブレッドのレシピが載っていました。これ ニューヨークのサリバン・ストリート・ベーカリーのジム・ラヘイさんが考案してニューヨーク・タイムズ紙に2006年11月にレシピがのり またたく間に評判になったものらしいです。

特徴は
1)こねる必要がない。
 長時間発酵させたあと 十分に余熱したダッチ・オーブンの中で焼き上げる
2)できあがりは パン屋さんのパンのように外側はパリッと 内側はやわらかくもちもち

だそうです。

かなり興味津々で早速 試してみました。
こちらが焼きあがり。
d0103098_3262852.jpg


ダッチ・オーブンというのは このような鉄の鍋のこと。
パン生地を入れる前に この鍋をオーブンの中に入れて30分220度ぐらいで温めます。
なんだか 空焚きみたいで 大丈夫なの? と思ってしまったのですが。

そしてパン生地を入れて 鍋にふたをして焼きます。

「こねる必要がない」というのは 生地がめちゃくちゃ やわらかいのです。
粉(3カップ *アメリカサイズのカップなので1カップ約240ccです)に対して390ccの水。
水分が多いので スプーンで ぐるぐる混ぜるだけ。
とてもとても手で成型のできる生地ではないです。

そしてイーストは小さじ1/4 だけ。

発酵はレシピでは1次発酵が12-18時間 2次発酵が2時間。
でも うちの家は寒いので 1次発酵に20時間近く 2次発酵に8時間ほどかけました。

d0103098_3445363.jpg

平べったいパンです(笑)
うちのダッチ・オーブンが指定のサイズよりもずっと大きく なんせ生地がやわらかいものだから 生地を入れると だらーっと広がってしまったためです。
小さなダッチ・オーブンを使うと もっと背の高い丸いパンになっていたはずなのですが。

ローズマリーの香りがさわやかで 確かに パンはもちもち~。
とってもおいしいです。(ちょっと塩分が多いパンなので 少し控えてもいいかも。)
レモンの皮が入っているのですが あまりレモンの味はしないです。

詳しい作り方はウィリアム・ソノマのHP(英語版)にも載っています。

生地の扱いが面倒なだけで とにかく簡単です。
[PR]
by crabapple_BB | 2008-03-28 04:03 | 暮らし