Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

NY州教員免許への道 No.2

d0103098_225695.jpg


ここ数日 ちょっと暖かい日が続いています。
最高気温7℃ぐらいです!

明日は氷雨で大荒れになりそうなんですけどね。

私が2つめに受けたテストは③Content Specialty Test です。
①②は教員になろうとする人 全員に共通のテストなのですが ③は専門分野のテストになります。
私が取ろうとしている免許はESOL(English to Speakers of Other Languages)というもので 他国からの移民(留学生)に英語を教えるものです。




このテストは昨年の12月中旬に受けました。

勉強法としては 図書館に対策問題集がなかったことと 実施機関が公表しているサンプル問題をやってみると 学生時代の教科書の復習で対応できそうな気がしたので 日本から学生時代に使っていた教科書を数冊送ってもらいました。
言語学全般について書かれている本 TESOLの方法論や教授法、実践に関する本など4冊程度を読み直しました。

1回目のテストと同じ会場で 同じ集合時間でした。
1回目は余裕を持ちすぎて 集合時間の1時間前に到着。
建物の中には入れるのですが 集合時間までは試験会場の教室には入れず ロビーのようなところで待たされます。
勉強道具の持ち込み禁止なので ただひたすら1時間待つのは 結構つらかったです・・・。

そこでこのテスト あえて 遅く家を出たのです・・・。
しかも めちゃくちゃ寒い日で 私の車は外気温が示されるのですが 正午の時点でー9度でした。
ぎりぎりに着くと 駐車所がいっぱいで 停める場所を探すのに一苦労。
おまけに 遠くに停めなければいけなかったので 建物の入り口まで長距離歩く羽目に。
建物に入ったのは 集合時間を過ぎていたので 受験者が席に座って受験手続が進んでいる中 教室に入っていきました。
今回は40人ぐらいの小教室でした。
試験開始は集合時間の45分後なので 大丈夫だったのですが なんだかハラハラ ドキドキのスタートとなってしまいました。

テスト問題はマークシート形式選択問題90問 エッセー(論述問題)1問で 試験時間4時間でした。
そう 前回のテストより選択問題が10問増えていたのです。
対策問題集をやらなかったので そのことを知らずに 当日 ちょっとびっくりしました。

試験時間終了の30分前ぐらいに退出したのですが 帰り道はくらーい気持ちでした。

私の使った教科書は15年ほど前のもので 言語学の知識はもちろん変わらないですが TESOLの分野は 過去15年の間に新しい教授法ができていたり いろいろ発展していたんですよね。テストには いろいろと聞いたこともない方法論とかがでてきて・・・・。
そしてNY州の学校の規則の問題も出ていました。全く勉強をしていない分野でした。

これも300点満点のテストで220点が合格ラインです。

1ヵ月後の通知は 合格でした。

点数もぎりぎりではなく 比較的良かったのです。
選択問題だったので 運が味方をしてくれたのかなぁ。
でもエッセーは相変わらず いまいちな点数だったのですが。
[PR]
by crabapple_BB | 2008-03-08 02:34 | 仕事