Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

ローマン・シェード

d0103098_6185545.jpg


日本では見慣れないカーテン(ブラインド?)ですが ローマン・シェード(Roman Shade)といって アメリカでは一般的なものです。

ようやく完成!

どこかのカタログでローマン・シェードを初めて見て とても気に入り 「ベッドルームのカーテンは絶対にローマン・シェードにしたい!」と思っていたのだけど 結構なお値段がします。
しかもベッドルームには窓が3つ。
そこで 「ベッドルームのローマン・シェードを作る!」と夫に宣言したのが 多分2年前。

夫は私より先にこの家に住んでいて 私が引っ越したのが9ヶ月前。
ミシンが届いたら 真っ先に作るはずだったのですが とっても時間がかかりました。 



d0103098_628456.jpg
その理由は こちらの材料。
作り方をみたとき wooden batten とか dwel rods とか書いてあり どういうものか また どこで売っているのかも さっぱりわからず 取り掛からないまま どんどん時間が経過。
また思い描いている生地が手に入らなかったことも原因。



で 実は これはベッドルームではなくて ゲストルームのローマン・シェード。

ここには窓は1つしかなくて まず初めて作る練習用に最適でした。
本当は壁と同じ色を使った柄物の生地を探していたのですが 気に入るものが見つからず 生成の生地で妥協しました。
無地なので ローマン・シェードにしたときに 全然 面白味がないですが 生地自体は表情を持った生地で気に入ったものです。

d0103098_6365278.jpg
手縫いが多かったので ちょっと大変でした。
裏からの構造ですが 裏地は手縫いのまつり縫いで縫い付けてあり 木のポールを裏地に埋め込んであります。
裏地はカーテン用のもので ジョアンに機能別に15種類ぐらいあったので びっくりしました。
そこにプラスチックのリングを縫い付けて リングにコードを通してあるので コードを引っ張るとローマン・シェードが上がる仕組みになっています。

参考図書:Natural Style ( Margot Richardson )
Contemporary Soft Furnishings from Cotton, Linen, Silk and Wool
生地   :表 Calico Corners 裏 Joann's
付属品 : Lowe's

手順や注意点を覚えている今のうちに ベッドルームのローマン・シェードに取り掛かりたいのですが 気に入る生地を見つけるには 何ヶ月もかかりそうです。

今はかなりソーイングのモチベーション上昇中。
でも 仕事が急に忙しくなって 時間が取れないのが悩みです。
昨日 今日は中学校で 明日 あさっては小学校(ESL)です。
[PR]
by crabapple_BB | 2008-01-31 06:53 | ソーイング