Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

NY州運転免許取得

ふぅ~。長い道のりでした。
ようやくNY州の運転免許を取得しました。

今後 アメリカに来る人の参考になるかもしれない(?)ので 一応 経験を書いておきます。
(ただし州によって 全然免許の取得の仕方も違うらしいので 注意してくださいね。)




日本からは「国際免許証」を持ってきていました。
それを使ってNY州の免許証に書き換えができるのかなぁ と期待して DMV(Department of Motor Vehicles )に行ったのが 今年の4月27日。

「書き換えは無理なので 通常の手続きをしてください。」と言われ 手続き代として55ドル払いました。そして 写真を撮って 言われるままに 次の窓口の外で待っていると 順番が来て なんと中に入ると いきなり仮免のための筆記テストでした。
なんの準備もしていなかったので びっくり!!
何問のテストだったのか忘れてしまいましたが アメリカでは確か7割できたら合格。
スクールバスに関する問題や 鉄道の踏み切りなど ちょっとややこしい問題はあったのですが 一応合格しました。(目の前ですぐに採点してくれます。)

そして数日後に自宅にLerner's Permit という写真つきの仮免が送られてきました。

仮免があると 免許のある人を隣にのせて練習することができます。

実は 私 アメリカで運転免許を取得するのは 今回が2度目でした。
学生時代にフロリダに留学したときに取ったのです。
そのときは 今とは比べ物にならないぐらい簡単でした。
仮免をとってからは 運転の実技試験が試験場の中のコースであっただけでした。
試験場の中なので 他の車は走っていないし 前進・バック・右折・左折・頭からの駐車だけがテスト内容でした。

そのフロリダ州の運転免許証を 留学終了後に 日本の免許に書き換えたために 日本では高い教習所に通うこともなく いとも簡単に日本の運転免許証を手にしたのです・・・。
もちろん日本で運転する技術もなく その後はペーパードライバーになってしまったのでした。

NY州では まず実技試験の前に5時間の講習(Pre-licensing Course)を受けることが義務づけられています。  
6月16日に受けに行き これは40ドルでした。
もちろん受けに来ていたのは ティーンエージャーばっかり。
教官が5時間中の半分以上は 車に関係のない雑談ばかりしていて 正直言って 全然ためにならない つまらない講習でした。

実技試験は実際の路上で行われています。
インターネットで実技テストの予約をすると 1ヶ月以上先の日程しか空いていなくて 第1回目に受けたのが 9月上旬。
実技試験には 自分の車を持っていかないといけません。
夫に運転してもらって行ったのですが 場所を見つけるのに 本当に苦労しました。
普通の町中の道路際に「運転免許の路上テストのスタート地点」という小さな表示があるだけでした。

予約が「9時」でも 数人が同じ時間帯を割り当てられているようで スタート地点のところに 着た者順に車を停めて 順番に試験を受けるのでした。
試験官が助手席に乗り込んで 夫は車から降りて 待つところもないので 試験中は外でぶらぶら。

何度も練習して成功していた縦列駐車ができませんでした。
そして 3 point turn というUターンも 言われたときに どうすればいいかわからなくなり 不合格。

家に帰って すぐに再試験の予約をすると3週間後でした。

今度こそ! と意気込んで行ったのですが またまた縦列駐車に失敗。
それと 前後確認が不十分とかで 不合格。

2回目が不合格になると かなり落ち込んでしまいました。
ここで追加料金発生。
3回目を受けるには 10ドルを払わないといけない。

なんだか受かる気がしなくて 予約をしないまま10月が過ぎ 縦列駐車の練習も その間 何度もしました。練習では 問題ないのですが・・・。

そして第3回目が今日でした。
なんだか優しそうな年配の女性の教官。
かなり寒かったので 試験中 何もない外で待たなければいけない夫が とってもかわいそうだったのですが いっぱい着込んで出かけてくれました。

車を発車させて ちょっと走って右折をしたあとに 「では あの白い車の後ろに縦列駐車をしてください」と。
なんだか自信ないなぁ と試みると案の定 失敗。
「もう一度。」といわれて 車を前に出して 再度 挑戦。
・・・・・ だめだ 前の車に当たりそう・・・・・
「うーん 近すぎて ダメね。じゃあ 車を発車させて。」

あーあ また不合格だ。

すっかり落ち込んで 一応 言われるままに 右折 左折 右折 3-point-turn など テストの続きをやりました。
そして 「では もう一度 今度はここで縦列駐車してみましょう」と違う場所で縦列駐車の指示が。

奇跡的に成功しました。

これって 合格の可能性あるんだろうか と思いながら 出発点までもどってくると
「合格にしましょう。」と女神様のお言葉。

かなり おまけっぽい気がしたのですが 合格させてくれました。
「縦列駐車 もっと練習してね。」と言われましたが 本当に試験官に感謝です・・・。

夫は外で待っている間 本当に寒かったみたいです。
ごめんなさい。
でも良かったぁ。
[PR]
by crabapple_BB | 2007-11-29 06:40 | 暮らし