Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

フィリープ・ベポーン

d0103098_2345389.jpgd0103098_2351556.jpg










昨日は夫の仕事が休みでした。
そして 少し遠出をして ホース・レースで有名なサラトガ・スプリングスという町に行ってきました。町のメインの通りには あちこちに馬のオブジェがあります。

実はサラトガ・スプリングスの目的はヘアーカット。

時々 地元のローカルなテレビ局が「テレビオークション」なるものをやっています。いろいろなお店が商品をテレビ局に寄付して テレビ局はそれをオークションにかけて収益を得るというもの。そこに出品されていたのが「国際的に活躍するフィリープ・ベポーンによる男性のヘアーカット 50ドル(6000円)相当」です。
夫はアメリカで納得のいく散髪屋さんを見つけることができなくて ずっと嘆いていました。最近は日本に行くたびに いつも日本で散髪をしていたほど。
そこで「国際的に活躍するフィリープ・ベポーンによるヘアーカット」と聞いて 飛びついてオークションで落としたわけなのです。35ドル(4200円)ぐらいで。

わざわざ高速にのって サラトガ・スプリングスまで散髪のために遠出しなければいけないけれど 夫はこの日を楽しみに待っていました。
そして しかもオークションには2品出品されていて 夫は2品とも落としたのでした。

そこで「せっかくだから 一緒にフィリープ・ベポーンにカットしてもらおう。」 と私もアメリカに来て 初めて美容院に行くことに。
ところが予約をとったときに問い合わせをすると 男性のカットは50ドルでも 女性のカットは110ドル(13100円)と言われたのです。
えーっ!110ドル??カットだけで そんな値段?

「もったいないから 私はいらない。」と言ったのですが 「フィリープ・ベポーンにカットしてもらえるのだから。」と夫に言われ 予約を入れました。

ところで「フィリープ・ベポーンって知ってるの?」と夫に聞くと 「さぁ。聞いたことない。」という返事なのです(笑)。

とにもかくにも やってもらいました フィリープ・ベポーンによる1万3千円のヘアーカット。
しかもアメリカはチップがいるので 結果的には1万5千円のヘアーカットでした・・・・。




シャンプーをしてもらって カットが始まったけれど びっくりすることに 最初は椅子を取り除いて 立ったままのカットでした。ちょっと疲れました・・・。
それから座って 「あまり短くはしたくない」という私の希望以外は すべてフィリープ・ベボーンにお任せのカット。

カット後のスタイリングにかなりの時間がかかりました。
ロールブラシで髪の根元にくせをつけ かなり引っ張って乾かし 最後はねじって・・・。
その様子を見ながら 「はぁー・・・ 私は家でどうやってスタイリングすればいいんだろう」と不安が。
出来上がった結果は大満足でした!
ヘアー雑誌にそのまま登場できるほど 髪の毛は360度完璧な仕上がりでした。
サイドは顔に沿うように ほのかな内巻きで バックはキュートな遊びの入った外ハネ。軽くした前髪とか とにかく 何一つ不満点のない出来上がりで その日は その後わくわく過ごしました。さすがフィリープ・ベボーン!!
d0103098_23495596.jpg
ところで このフィリープ・ベボーンという人 フランス人のヘアー・スタイリストで サロンには彼の記事を集めたスクラップブックがありました。ヴォーグとか雑誌のヘアースタイリングもかなりやってきて パリス・ヒルトンのヘアーもしたことがあるそうな。
なんと20数年前 大阪に住んだことがあって ロングヘアーで着物を着て 毎日地下鉄に乗っていた と言ってました。

この髪の毛 自分でシャンプーしたら一体どうなるんだろう・・・・と思いながら 昨日一日を過ごしたのですが シャンプーしなくても 今朝 目覚めたら 毛先の外ハネがすべて落ちてしまって 昨日の素敵なヘアーはどこに という感じでした。
[PR]
by crabapple_BB | 2007-07-01 23:51 | 暮らし