Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

ブルーベリー

d0103098_21201517.jpg
定期購読(隔月発行)している COOK'S という雑誌があります。
料理の雑誌なのですが 薄い本でのっているレシピは10個ほどで少なめ。
でも とっても興味深い雑誌なのです。

ありきたりの料理でも 最高においしいものを作ろうと 20回も30回も試行を重ねて その結果できあがった最高のレシピがのせられているのです。そして その試行の過程も書かれています。

3日前に届いた最新号で作ってみたかったのが ブルーベリースコーン。
普通のスコーンは 小麦粉に冷やしたバターを切り込んでいって・・・という作り方ですが サクッとした食感を増すために 編集部はいろいろな方法を試し 行き着いたのが バターを冷凍庫で凍らせておろし金ですりおろして粉に混ぜるという方法。
そこに牛乳とサワークリームを加えて生地を完成させ ブルーベリーは形をつぶさないために のばした生地にロールケーキのように巻いていく という方法なのです。

スコーンというと 私のイメージは丸型。
でも これは三角形なのです。確かにスターバックスで売っているスコーンは こういう三角形をしているんですよね。

水分が多かったのか かなり生地がべたつき ちょっと苦労したのですが きのう生地を作って冷凍庫に入れておき 今朝焼いて 朝食に食べました。

外側はぱりっとしていて 中はしっとり。
そしてブルーベリーはきちんと丸い形が残っていていっぱい入っているし 本当においしかったです。

ブルーべリーはフレッシュなものを使ったのですが やっぱりこっちでも高いです。
もっとシーズンに入って安くなることを期待しているのですが 1パック3.95ドル。

実はブルーベリースコーン以外に もう1つ作りたいものがあったのです。




d0103098_2141423.jpg
ブルーベリーパイです。
数日前に「ウエイトレス」という映画を夫と見に行きました。
主人公の女性が パイが売り物のカフェのようなところで働いていて いろいろなパイを作っている過程が何度も出てくるのです。
そのおいしそうなことといったら・・・・。
ここ数日 私の頭の中はパイでいっぱいでした。

d0103098_21455779.jpg
なぜか昔から 生地をめん棒でのばして パイ皿やタルト型に敷きこむという作業が大好きなのです。
アメリカのパイ生地は折り込み式ではなくて 練りこみ式。サクサクッとして本当にアメリカンパイはおいしいです。
学生時代にフロリダでホームステイをしていたとき ホストシスターの作るフルーツパイは最高でした。どうしてそのときに作り方を教わらなかったのか とても残念なのですが・・・。

d0103098_21511320.jpg
フレッシュなブルーべリーを焼いてしまうのは もったいないかなぁ という気持ちもあったのですが パイのフィリングとして焼きこみました。パイ皿は18cmのものしかなく ブルーベリーが足りないので 16cmのタルト型を使いました。
デザートとして半分以上 一気に二人で食べてしまいました。
パイ皮には砂糖は使ってなくて フィリングに大さじ1の砂糖が入っているだけなので 自然な甘さでおいしかったです。

d0103098_225409.jpg
そして残ったパイを入れているお皿 カボチャ型のパイプレートです。
実は昔(学生時代にホームステイしていた頃)から こういうのが欲しかったのです。
台所に置いておくと とても可愛い!しかも このパイプレート ガレージセールで2ドルで新品を買いました。
ガレージセールというのは フリーマーケットの個人宅バージョンのようなもので 週末などに 自分の家の庭やガレージに不用品を並べて売るのです。
新聞にお知らせが載るので いつも週末はチェックしてどこかのガレージセールに出かけています。
[PR]
by crabapple_BB | 2007-06-10 22:12 | 暮らし | Comments(0)