Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

小鳥の巣 その後

d0103098_2328994.jpg
d0103098_23284681.jpg









直前の日記の「ホースチェスナット」は辞書で調べると なんとセイヨウトチノキでした。
チェスナットは「栗」という意味なので 栗の木の一種かなぁ、と思っていたので トチノキと知ってかなりガッカリ。
トチと言うと 昔 沖縄の民宿でトチの実の泡盛を飲ませてもらった思い出が・・・。
あんまりおいしくなかった記憶があります。

トチモチなどもあるので 実はやっぱり食べれるのかなぁ とインターネットで調べてみると アクが強いので 食べれるようになるまでに かなりの手間と時間がかかることが判明。

以前 ポーチの軒下に巣を作って 姿を消した鳥がいました。
巣だけが残っているのも悲しく 「巣を取り払って!」と夫に懇願していました。
夫は 「また戻ってくるかもしれないし、他の鳥が巣を利用するかもしれないし・・」とそのままにして放置していたのでした。

すると





実は少し前から また鳥がポーチの中に姿を現すようになったのです。
ポーチの巣の近くに大きなアリが這っていたので 虫を取りにきては くわえて 外に帰っていっていました。
そのうちにアリもいなくなると また姿を現さなくなりました。

ところが また時々巣のそばに現れるようになって 今度は虫を外からくわえて入ってくるのです。

d0103098_23313067.jpg

決定的瞬間はとれませんでしたが 巣の中から もう1羽のくちばしだけが見えて 虫を受け取るのが見れました。

メスが卵を抱いているようです。最近はオスの行き来も頻繁になり うっかりとポーチの中でオスと出くわすことも・・・・。気をつけます。

ちなみに この鳥は 調べたところ wren (レン)という種類。
日本名はミソサザイ。初めて聞く名前ですが 日本にもちゃんと生息しているようです。
[PR]
by crabapple_BB | 2007-05-23 23:48 | 暮らし