Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

手作りピザ

d0103098_0394038.jpg
d0103098_040649.jpg
d0103098_0402623.jpg

私の行動範囲は庭。
いつも水仙の写真ばかりなので 雑草も含めて 咲いている花を撮ってみました。

d0103098_0415062.jpg

↑1ヶ月前は単なるグレーの木だったのですが いつの間にか クラブアップルの木につぼみがついていました。咲くのも もうすぐかもしれません。



金曜日に手作りピザに挑戦。
レシピは最近 よく見せてもらっている aiaicafe より。

d0103098_185016.jpg


生地作りでは フードプロセッサーが大活躍。あっという間にできました。

生地をあらかじめ焼かず チーズや具をのせて 「天板も一緒に余熱して できるだけオーブンの設定を高くして焼く」とのこと。 
オーブンの最高温度ってどれぐらいだろう と思いながら まず260℃に挑戦。(こっちは華氏表示なので、500°F) それで 7分間焼きました。
ピザの表面や周りはおいしそうに焼けたのですが ピザクラフトの下はブラウン色にまで焼けず手で持って食べることのできないやわらかいピザに仕上がりました。

味はよかったのでペロリと2人で食べてしまい、2枚目に挑戦。
今度はオーブンを550°F(約280℃)まで上げて 余熱しました。
(それと あらかじめクラフトだけ5分ほど160℃ぐらいで空焼きしました。)
ここまで温度が高いと 余熱が終わってオーブンをあけたら煙がでてくるし 余熱した天板を扱うのも 命がけです。オーブンペーパーもこげるので こげくさいにおいも漂います。
最高温度の設定は何度かわからないけれど 安全上 550°F以上は不可能に感じました。

写真は2枚目のピザ。
今度はクラフトの下までブラウンで焼き色がつき パリッとしたおいしいピザができあがりました。
トッピングはマッシュルーム、キールバッサというポーランドのソーセージ、モツァレラチーズ、パルメザンチーズです。ピザソースも作りました。

モツァレラチーズは塊を買いました。フードプロセッサーの説明書には 冷凍庫で半冷凍にすると モツァレラのすりおろしも可能ということでしたが 冷やすのが足りなかったのか チーズが柔らかすぎ うまくいきませんでした。
あやうくフードプロセッサーが壊れそうになったので やめておいたほうがよさそうです。 
[PR]
by crabapple_BB | 2007-05-07 01:17 | 暮らし