Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

2017 日本里帰りの航空券の話

d0103098_10470443.jpg

あまり参考にならない、里帰り航空券の話ですが、ひとつの経験談として。

興味のある人のみどうぞ。





今年に入るとすぐに、夏に日本に帰ろうと決めてました。

せっかくなら、日本の小学校への体験入学を、と考えたので、アメリカの学校が終わり次第の週末出発、と、出発日まで半年前に確定させました。

そして2月に入って職場に休暇(3週間)の申請。


今までの年末年始をはさんだ里帰りだと、アメリカの会社はクリスマス休暇やお正月休暇はないものの(単に122425日と11日のみ休み)、その時期に休暇を取る人が多く、3週間休んでも、そんなに目立ちません。(でも、当然のことながら、私以外に3週間の休暇を一度に取る人はいません。)

夏の時期は、みんな1週間連続の休暇は、どこかで取るのですが、3週間連続はさすがに言い出しにくく、「今日も言えなかった。明日こそは。」を繰り返す毎日でした。


私が2年に1度しか日本に帰らない理由は、当然ながら3週間連続の休暇は毎年取れないことと、有給の持ち越しは1年のみ認められているので、前年度からの持ち越し有給がないと、3週間の休暇は取れないからなのです。

許可をもらってから、日系航空会社のHPで値段のチェックを始めたのですが、2月半ばの時点では、手が出ないほどの高値でした。

2月末の週末に、日系の旅行社(複数)から「夏の日本行き航空券の特別料金キャンペーン」のお知らせ。

「これを逃しては!」と電話したのですが、特定の米系航空会社のみで、しかも、ニューヨークのラガーディア空港発のみ特別料金でした。往復で750ドルぐらいという考えられない料金だったのですが、私の住んでいるニューヨーク州の地元空港から出発すると、2000ドル超える、と言われました。

日本人の友達の中には、この値段に飛びついて、購入した人もいました。

確かに安いのですが、ラガーディア空港まで車で3時間の往復を考えると、私はいくら安くてもパスでした。


快適さを考えると、どうしても日系航空会社という部分は譲れず、ANAとJALで探し続けました。

マイレッジメンバーの関係で過去3回の里帰りはANA利用だったのですが、ANAはその時点で2500ドルという値段でした。

出発日を限定しなければもっと待っても良かったのですが、日程は何が何でも動かしたくなかったので、ANAはあきらめて、ANAより多少安くて、子ども料金もあるJALで手を打ちました。

2月最終日に購入。地元空港からシカゴへ、シカゴから東京、東京から大阪へのルートです。

ルート自体は無駄のない最短ルートだったんですが、それぞれの乗り換え地で、微妙に必要以上に接続時間のある旅程でした。


その後、「夏の里帰り、日系航空会社の特別料金が出ました!」という日系旅行社からのお知らせが3月中頃に。

もうガッカリだったんですが、問い合わせた友達いわく、それほど安くなかったそうです。

ところが、その後4月に入って、ANAの値段が2000ドルを切るぐらいに、下がったんです。。。接続もこちらのほうが断然良く、大ショック。


毎回、チケットの買い方で失敗をしています。

ちなみに、米系の航空会社のチケットも4月に下がり、地元空港から出発でお徳なものも出てました。(つまり2月末に「特別料金」に飛びついたお友達も失敗例。)


次回、2年後に帰国するときは待ってみよう、と思います。

ただ待つ場合は「万が一、帰れなくなったら、それでもいいや」「安いのが見つかったら帰ろう」ぐらいの心構えでいる必要もあるんですよね。

微妙です。

ただ、今回、思ったのは年末年始の里帰りに比べて、夏のほうがアメリカから日本への帰省の出発日が分散される傾向があるということ。

6月末の週末出発に人が集中するということもないような気がします。


[PR]
by crabapple_BB | 2017-10-25 10:56 | 日本里帰り