Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

キンダーガーテン修了

ブログを長らく放置していました。。。

まだ来週の3日間残っているのですが、キンダーの1年が終わろうとしています。
先週、キンダーの発表会があり行って来ました。
d0103098_1262422.jpg

この日、「発表会のために、一番いい服を着て登校しましょう。」ということになっていました。

やっぱり女の子ならワンピースだろうな、と思ったのですが、ナナは断固として拒否で、泣き出す始末。
「Tシャツを着ていく~。一番いい服はTシャツでいいの。」

ナナの学校のキンダーは3クラスで、合計70名弱ぐらい。
なぜか男の子が圧倒的に多くて、女の子は30名弱。
発表会では、みんなの服装をひたすら観察していたのですが、やっぱり女の子はみんなワンピースで、そうじゃない女の子はナナともう1名のみでした。

さすがにTシャツを着せるわけにはいかないので、去年に縫ったフリル袖のチュニックを。
となりの男の子はなんとネクタイまでしめてスーツ姿。
外での発表会で、かなり暑い日だったので、この男の子、本当に暑かっただろうなぁ。
(他の男の子は、衿のついたシャツにショートパンツという格好が多かったです。)

d0103098_12191050.jpg

この発表会、歌が主体だったのですが、本当に可愛かったです。
子どもの成長も感じられたし、見ながらひとりで感動していました。

キンダーの1年を振り返っての感想。
(興味のある人のみどうぞ)




とにかくいい担任の先生に恵まれました。
あと数年で定年という年齢かなぁ、と勝手に思っているのですが、経験豊富で安心して任せられる先生でした。

キンダーは日本でいう年長なので、遊び主体かと思っていたのですが、簡単な本が最近一人で読めるようになりました。
英語の綴りは難しいので、書くほうはまだまだなのですが、英語のエッセーの書き方の基礎をならい、書く意欲を育て、学校でも毎日、とにかくいろいろと文章を書いていたようです。この日、大量にこれまで書いた文章をもらって帰ってきました。
「まず第一に。。。」「次に。。」という論理的な文章の書き方をキンダーから教えていることにビックリでした。

去年の9月にキンダーが始まったときは、なんとか積極的にPTA活動やボランティアなどに参加しようと思っていました。アメリカの学校に興味があるので見たかったことも理由の一つなのですが。
でも、残念ながら、ほとんどできませんでした。

アメリカの学校は本当に休みが多いのです。
毎月最低1回は、祝日とかでお休み。
この祝日とやら、アメリカの会社は休みにならないのです。
私の勤めている会社の場合、土日以外に会社が休みになる祝日は年間でたったの10日のみです。

なので親が働いていると、学校が休みのたびに親が休みを取るか、学童保育に預けなければいけません。しかも毎月のように休みが取れるわけもなく。
私は、いつも学童保育でかわいそうだなぁ、と思いながらも、一度も学校が休みの日に有給は使いませんでした。

そういう状況であっても、懇談会があったり、学校でパーティーがあったり、クラスで絵本を読むのを頼まれたり、などで仕事を抜けなければいけないことも結構あり、それにさらにプラスで有給をとって学校でボランティアをするなど、とてもとてもできることではありませんでした。

同僚いわく、「働いていないお母さんもいっぱいいるんだから、PTA活動やボランティアはそういう人たちに任せておけばいいのよ」。ナナのクラスのPTA委員さんで、しょっちゅう学校に行っている人がいるのですが、よっぽど、この発表会の日に「お仕事しているんですか」と聞こうかと思ったぐらいでした。

来週、水曜日に学校が終わり、木曜日から長い長い夏休みに入ります。
しかも、来週の木曜日と金曜日は、学童保育も閉まっていて、ナナは行くところがない状態。
木曜日は、キンダーに入るまで通っていた保育園に頼んで、1日だけ預かってもらうことになりました。
金曜日も頼めないことはなかったのですが、保育園は昼寝の時間もあるし、さすがに1つ下の子どもたちと
2日間続けて過ごすのも退屈するかなぁ、と思い、私が仕事の休みを取る予定です。

そしてその次の月曜日から、10週間の長い長い夏休みの間、毎週毎週、サマーキャンプに通います。
サマーキャンプといっても、いわゆる「キャンプ」という言葉から想像するものではなくて、「夏季学校」という部類のものです。

この話はまた今度。
[PR]
by crabapple_BB | 2016-06-19 13:07 | 暮らし