Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

子どもとお出かけ(大阪)No.2

日本里帰り中にナナと出かけたところの個人的なレビューの続き。

1.大型児童館ビッグバン
2.ATCあそびマーレ
3.関西サイクルスポーツセンター
4.NIFREL (ニフレル)
5.ボーネルンド プレイヴィル天王寺公園

今回は3-5です。
興味のある人のみどうぞ。






3.関西サイクルスポーツセンター

お正月に家の中にばかりこもっていたので、ちょっと外に出ようと、1月3日に行ってみました。
この施設の地元で生まれ育ったので、自分が子供のときに行って以来、(控えめに言っても)30年以上ぶり!

ローラーコースターなどの乗り物には(私と夫が)一切興味がなかったので、変り種自転車だけ乗って、短時間で帰ってきました。

中のアトラクションの一つ一つにお金がかかることを考えると、入場料の大人800円、子供500円はちょっと高く感じました。アトラクションのフリーパスもあるのですが、入場料とは別途で2000円します。

(今になってHPをチェックしてみると、無料で楽しめるコーナーもいくつかあったようです。「ウォーキングコース」にしか行かなくて、これはガッカリするほど短かったです。(冬季は閉鎖されている部分もあるとのことで、そのせいだったのかもしれません。)

またアトラクションも最初に見たローラーコースターが500円で、変り種自転車広場が600円(45分間)だったので、全部それぐらいの値段設定かと思ってスルーしましたが、幼児向けのものは300円のものもあったようです。

d0103098_8352870.jpg

変り種自転車広場は本当に楽しくて大のお薦めです。
他では見れないような自転車ばかりだったので、このコーナーはとても価値があると思います。
何よりもいい点は2人~5人ぐらいまでのグループで乗れる自転車がたくさんあったことです。
家族で一緒に1つの自転車に乗って楽しめるのは◎。しかもいい運動になるし。子供連れだけじゃなく、大学生ぐらいの友人グループも何組か見かけて、みんなめちゃめちゃ楽しんでいました。

私たちが出かけた前日が「変り種自転車無料開放日」だったので、そういう日に行くのがお得なのかも。(年に1回だけかな?)
夫は、「そういう日はすごい混雑だろうから、自分は嫌だ!」と。

私たちが行った日は「餅まき」があったんですが、夫は「餅の争奪戦」なんて興味ゼロで、近寄りたくもないらしく、私が参加するのでさえ顔をしかめてました。(最初の5分ぐらいで1個取れたので、めでたくその場を去りました。)

短時間で帰ってきたのですが、出口のところで入場無料券を人数分もらいました。(これはお正月期間だけのサービスかな?)アメリカに戻る予定がもうちょっと先だったら、確実にもう1回行って、また変り種自転車に乗っていたのになぁ。。。ちょっと残念。

4.NIFREL(ニフレル)

去年の11月にエキスポパークにできたばかりの新しい水族館。
d0103098_8381219.jpg

実はその存在すら知らなかったのですが、美容院で「おもしろくてお薦めよ」と美容師さんが教えてくれたので、日本を発つ前日の最後のお出かけ先に選びました。

いやぁ、良かったです!!!
d0103098_8384029.jpg

ドクターフィッシュ、初めて体験しました。

これまでにはなかった目新しい展示の仕方の水族館で、展示方法や魚のセレクション、水族館のデザインなどすべてに感心しました。(プロだから当然ですが。)
d0103098_8391975.jpg

ただ一番最後の「うごきにふれる」ゾーンは「神戸どうぶつ王国の真似だ」と夫が指摘したとおり、どうぶつ王国とまったく同じ動物たちがいました。(神戸どうぶつ王国に行っていなかったら、かなり感動していたと思うのですが。)
d0103098_8532938.jpg

d0103098_8395237.jpg

ホワイトタイガー、かっこよかったです!!

出かけたのは平日で、開館時間ぴったりに行ったのですが、みんな同じことを考えるようで、チケットを買うのにも並び、最初の2つぐらいの展示室はものすごい混雑でした。人が進むのを待とう、とゆっくりしていると、観光バスが着いたようで、団体のグループ客がまたどーっと入ってきました。
12時すぎに出たときには、チケット売り場には誰もいなかったので、開館から時間をずらして出かけるのが賢明なようです。平日のお昼ごろに入館するのもいいかもしれません。

5.ボーネルンド プレイヴィル

今回のお出かけ先で唯一「行かなくても良かったかも。」と思ったところ。

去年の10月にできたばかりで新しい施設ですが、HPで見て想像していた半分ぐらいの広さでした。

「室内遊び」と「屋外遊び」の両方ができるのが魅力的だったのですが、プレイグランドで目をひくのは、このブランコぐらいでした。
d0103098_8435338.jpg

木のログハウスや、他にも遊具はあるのですが、1つ1つが比較的小さいので、3-4人の子供たちが友達同士ですでに使っていると、一人で来たナナのような子供は入れませんでした。
ブランコもせいぜい1度に3人ぐらいまでしか乗れないし、砂場も5-6人ぐらいまで。
最初はひとりで機嫌よく砂場で遊んでいたナナですが、他の子が入ってくると、作ったものを壊されたり、数少ないシャベルやその他の砂場のおもちゃはみんなで奪い合いに。

ボーネルンドのキドキドなどと違って、料金は時間制ではなくて1日制なのですが、できるアクティビティーを考えても「1日遊べる場所」であるかは微妙です。年齢設定も「12歳まで」ですが、どちらかというと幼児向けの施設で、小学生だとすぐに退屈しそうです。
d0103098_8445889.jpg

砂場用のブーツや、お絵かき用のスモックやエプロンが用意されていたり、そういう配慮は行き届いています。
幼稚園帰りと思われるママ友グループが、子供たちを遊ばせて、おしゃべりに花を咲かせていました。
狭くて目も簡単に届くので、そういう場合には便利だと思います。

冬休みが始まる前の平日の1時ぐらいに出かけたのですが、結構混んでました。
人気の施設のようなので、私の辛口の意見はあくまでも個人的なものです。
混んでいなかったら、もっと印象も違ったのかもしれません。

でも新しいから見てのとおりすごく綺麗で気持ちよかったです。
d0103098_8461053.jpg

[PR]
by crabapple_BB | 2016-01-24 08:57 | 日本里帰り