Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

いまだに時差ぼけ

ブログを更新したいと思うものの、ナナを夜9時に寝かしつける時に、私もいっしょに寝てしまう毎日。そして決まって夜中の1-2時ごろに目が覚め、6時に起床する直前になって眠くなる始末です。(当然のこと、午後の仕事は眠くて仕方ありません。)

そして、きのう夜中1時半ぐらいに目が覚めたあとに、とんでもないことが起こったのです。




パタパタパタと、開けてあるベッドルームのドアから何かが飛んで入ってきて、部屋の中を一回りして、出て行きました。すぐに夫を起こし、「今、スモーキーか誰かが入ってきたよ。鳥かごのドア開いているんじゃないの。」と。

実は今、また夫の職場のオカメ2羽を預かっているので、合計3羽の鳥が家にいます。早速、1階まで行って鳥かごを確認したけど、ドアはきちんとしまっているし、3羽の鳥もかごの中。
「確かに鳥みたいに飛んで入ってきたんだけど。はっきりと羽の音も聞こえたし。」と夫に伝えても「夢でも見たんじゃないの?」といわれました。

「巨大なちょうちょ?ありえないよね。・・・ まさか、コウモリとか・・・」

仕方なく再び床についた20分後、またまたパタパタと。

今回は何回も部屋の中を飛び回るので、「ほら、いるよ。飛んでいる。」とまた夫を起こすと「本当だ。。。」そして、夫が部屋の電気をつけると、黒いコウモリの姿がはっきりと。「しかも、大きい!」

どうしようもないよ、とまた電気を消して寝ようとしたのですが、数十分後にまたまたパタパタと飛び回るのです。しかも結構、低空飛行でベッドで寝ている私たちの顔に風がかかるぐらい。「こわい」と毛布を頭からかぶってしまった夫。
結局、そのあと、部屋から出て行ったのを確認して、ベッドルームのドアをしめて眠りました。

今朝、ネットで ”bat in my room” (部屋の中にコウモリ)という言葉で検索すると、出てくること、出てくること。どうもアメリカだと珍しいことじゃないみたいです。対処法は外に導いて家の中から出してしまうことしかないようなのですが、どうしたものでしょう。(なんせ夫は目にするのもこわいようなのですから。)
(本当はこの時期、コウモリは冬眠中のはずなのです。何らかの原因で冬のさなかに冬眠から覚めてしまう問題がおこっているようです。)
[PR]
by crabapple_BB | 2014-01-17 04:14 | 暮らし