Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

子連れの飛行機

ナナは今までに往復で6回飛行機に乗っています。

9ヶ月のとき、ニューヨークからコロラドへ(約5時間)
1歳半のとき、ニューヨークから東京(約13時間)そして東京から大阪へ(1時間)
      大阪から沖縄へ (約2.5時間)
2歳半のとき、ニューヨークからアリゾナへ(約5時間)
3歳4ヶ月のとき、ニューヨークからラスベガスへ(約5時間)

もうちょっと大きくなったら、飛行機慣れというのもするのかもしれませんが、今のところ、それぞれがそれなりに大変でした。





一番最近は、先月のサンクスギビングのラスベガスへの旅行です。
行きは、ニューヨークが午前6時発の便、帰りはニューヨーク着が午前1時半の便だったので、「まぁ、寝るだろう」とちょっと気楽に構えていました。

出発の日、ほぼ眠ったまま空港まで連れて行く予定が、なんと午前4時すぎに目を覚まし、飛行機に乗ってもぜんぜん寝る気配なし。
結局、5時間半の飛行時間で1時間しか眠ってくれませんでした。
やっぱり眠いものだから、機嫌も悪くなり、「横になりたい」と。夫と3人での旅行でしたが、3人並びの席がとれず、2人+1人になったので、2人分の席だと、ごろんと横になれず、足を下にたらすのが嫌だとか、眠れない、とか、さんざんごねました。

塗り絵は1時間弱、2冊持ち込んだ薄い本はせいぜい5分、お菓子を食べさせて15分、いやぁ、親も本当に疲れました。着陸まで1時間のところで、もうどうにもしようがなくなって、ようやく最後の手段のシール帳を出しました。もともとの飛行時間が6時間10分で、30分早く着いたので、シール帳を使ったのは30分だけになったのですが、これは塗り絵よりも気に入って、楽しく遊んでました。
(半分しか使わなかったので、「よし帰りの飛行機に!」と思っていたのですが、ラスベガスに着いたあと、暇な時間に、勝手にかばんから出してきて全部やってしまいました。)

ラスベガスからの帰りの飛行機は、その日お昼寝をさせなかったので、離陸の時点で眠ってしまいました。途中でもちろん起きましたが、お菓子を食べたり水を飲んだりで1時間過ごし、そのあと眠ってしまったので、こちらは楽でした。

今回の日本里帰りもそうなのですが、前回もANAでニューヨークのJFK 空港から成田への直行便でした。このときは、2歳未満だったので、座席を取りませんでした。すでに体重が10キロを超えていたので、旅行社で予約したときにバシネット席は断り、そのすぐ後ろの列の窓際2席をとってもらったのですが、おそらく他にバシネットを必要とする乗客がいなかったようで、当日空港でのチェックインのときに、前列の足元が広い席に変えてくれました。(ANAは2歳未満の子供をつれている場合、オンラインチェックインができないのですが、おそらく優遇できるようにしているのだと思います。)
サービスに関しては、こんなに素晴らしかったということがないほど、ANAの客室乗務員には親切にしてもらいました。足元広々で座る分にはとっても楽だったのですが、なんせ1歳半の子連れの飛行機、やっぱり大変でしたよ。でも、泣き出したら、カーテンで囲っている乗務員が利用する空間に連れて行ってくれ、「泣き止むまでゆっくりしてくださいね」と言ってくれたりしました。

さて、今回。
予約したのが9月20日頃だったので、行きも帰りも3人並びの席が取れませんでした。頻繁に予約者の画面でシート変更ができないか確認してきたのですが、行きに関しては空席が6席ほどあるにもかかわらず、やはり3人一緒は無理。帰りにいたっては、画面上では空席ゼロでした。2席+1席なのですが、どこも通路側ではなくて、通路に座っている人にいちいち立ってもらって、席から出たりするのか、と思うととっても憂鬱でした。

ところが、2日前に荷物のことで確認したいことがあったので、ANAの北米のサービスセンターに問い合わせの電話をした際に、「3人並びの席が取れなかったのですが、当日に空港で見てもらって変えてもらうことは可能なんでしょうか」と聞いたところ、「3歳だと、お子さんまだ小さいですね。今、上の者に相談して何とかできないか聞いてまいりますので、お待ちください。」と言ってくれ、数分後に往復とも3人並びの席に変えてくれました。これは正直、びっくり。帰りなんて、コンピューター画面では空席がない表示になっていたのに。

ラスベガスのときは、うすいシール帳だったのですが、今回は56ページの分厚いシール帳を購入。さらに、ポータブルのDVDプレーヤーも購入しました。食べるものもいろいろと持ち込む予定です。

でも、このDVDプレーヤー、きのう試しにナナに見せると、「こわい」と泣き出し、10分と見れませんでした。最近、夫の携帯電話やコンピューターの画面でユーチューブのアニメを大人しく1時間ぐらい見ているし、映画なども大好きなのですが。
見せたDVDの内容が怖かったわけでもなし、何が怖いのかかなり疑問です。もちろん持っていきますが、機内でどうしようもなく退屈したら、なんとかDVDを見るのでしょうか???

今回はJFK空港からの夕方便なので、通常の生活サイクルで考えたら、搭乗5時間後には眠るはずなのですが、どうなることやら。でも、眠ったとしても、成田に着くのは夜の9:30なので、ホテル直行でまたまた眠らないといけないことに。時差ぼけでホテルで一晩中起きている可能性もあるかも。

とにかく心配はつきませんが、行って来ます。

みなさん、よいクリスマスを!!
[PR]
by crabapple_BB | 2013-12-21 04:08 | 旅行