Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

ジンジャーブレッドハウス

d0103098_1216374.jpg

先週の日曜日は、最高気温も氷点下でした。

外には出かけたくないので、暖かい家の中でできることをしようと、ジンジャーブレッドハウスのキットを買ってきました。キットは、だいたい10ドル前後で売られていて、焼きあがったハウスの4面の壁と屋根が2枚、袋に入ったアイシング、絞り袋とその口、飾り用のキャンディーがセットになっています。

もちろんパッケージを見たナナは大喜び。なんせお菓子の家です。



実は6年前にアメリカに来たころから、クリスマスの時期にお店でキットを見るたびに一度やってみたい、と思っていたのですが、とてもとても3歳児とやるべきものではありませんでした。

初めてなので説明書を3回もじっくりと読みました。「まず4面の壁を組み立て、アイシングがある程度固まるまで1時間置く。次に屋根をつけて、2-3時間おいてから、飾りに取り掛かる」という手順だったのです。わかっていれば前日にハウスを組み立てるところまでやっておいたのですが、朝、子どもとパッケージを開けたものだから、わくわくしている子どもにとっては、飾りつけまでに待つ4時間が大変でした。

「ようやく飾り付けだ」という段階まで来たのですが、このハウス、土台の厚紙にアイシングで固定していることもあって、横に倒して壁の飾りつけをすることができず、垂直に立っているハウスの壁に飾りつけをほどこすのは至難の業でした。おまけに、このアイシング、固まるのが比較的早くて、時間との戦い。そして、丸い玉のキャンディーはとっても小さいので、3歳児には簡単には扱えず。

ナナも途中で、「自分にはできない」とはっきりとわかったようで、おとなしく見ているようになりました。それでも、指をアイシングにつっこんでなめたりするので、飾り付けに必死になって、余裕のかけらもない私はイライラしてしまい、最終的には夫にスーパーへの買い物に連れ出してもらい、一人で仕上げました。これは絶対に小さい子がそばにいてできることじゃないです。

このハウス、香料かもしれませんが、近づくとジンジャーブレッドのいいにおいと、アイシングのあまーいにおいが漂ってきます。

(来年、もしくは今後いつかリベンジでもう一度挑戦するときへの覚書)
1.説明書の指示には従わず、まず壁のパネルをテーブルの上に寝かせた状態で飾り付けをして、それからおうちに組み立てること。

2.子どもが寝てからか、出かけて家にいない時にすること。

d0103098_12493821.jpg

これは今朝の写真です。
もうすっかり冬です。
[PR]
by crabapple_BB | 2013-11-27 12:58 | 暮らし