Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

今年もサラトガ競馬場へ

d0103098_11353447.jpg

私の勤めている会社から今年もチケットをもらって、サラトガ競馬場へ行ってきました。ここは競馬場の敷地への入場料だけなら3ドルなのですが、会社のチケットはクラブハウス(競馬コースのすぐ横のレストラン)への入場券なので、ビュッフェ形式の食事を含み、ひとり65ドルぐらいするようです。
d0103098_1136788.jpg

ナナは馬が大好き。30分に一度行われるレースに出場する馬を先導する馬がレースの10分ぐらい前にやってきて、クラブハウスのすぐ外で待機します。




去年はじめて行って、馬券を買わなかったのですが、今年は夫が「せっかくだから賭ける!」と。会社の人たちで競馬をよく知らない人たちは、1ドルぐらい賭けて楽しんでいるようでしたが、なんと夫は1度に20ドルも。さらに、1位から3位までの馬を指定したようで、そんなの当たるはずがありません。「なんてもったいないことするの?」と私が言った通り、あっという間に20ドルの馬券は単なる紙くずに。

「さぁ、帰ろう。」ということになったのですが、「帰る前に1レースだけ賭けてみたら?」と夫に言われ、私もやってみることにしました。私は単に馬を1頭だけ選んで、それが1-3位のどれかに入る、という賭け方にしました。(どう考えても、そっちのほうが当たる確立高そうなので。)馬券の買い方もわからないので、5ドルと指定して夫に買ってもらいました。

ところが、窓口で夫が買ってきた馬券を見ると15ドル。
どうやら、私の賭け方では3倍のお金を払わなくてはいけなかったようで、「窓口の人に『1ドルにして、合計3ドルの賭け方もできるよ』といわれたけど、15ドルにした」と。「えーっ、どうしてそんなことするの?もったいない!」と私は大憤慨だったのですが、なんと私の選んだ馬が1位で勝ちました!

どうやって選んだのかといえば、単にそのレースの中で確率の一番高い馬を選んだだけ。
なので、どうせたいしたお金が戻ってくるわけではないと思ったのですが、15ドルの馬券が43ドルになって戻ってきました。

「もう1レースやってみたら?」という夫の言葉には耳を貸さずに、そのあとすぐに帰りましたが、来年は1レースだけじゃなく、もうちょっと賭けてしまいそうです。賭け事に夢中になる人がいるのもうなづけるなぁ、とちょっと思ったのでした。
d0103098_11364283.jpg
d0103098_11344872.jpg

[PR]
by crabapple_BB | 2013-08-09 11:38 | 暮らし