Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

夏の終わりのリバティのラウンドカラーワンピース

d0103098_11585839.jpg

大切に何年も寝かせていたリバティでナナにワンピースを縫いました。
「小さくてもきちんとした服」で一番可愛いと思って、絶対に作りたかったラウンドカラーワンピース(p)です。

何とも久しぶりのソーイング。そして夏の終わりの今頃、子どもの夏服。。。
これ、リバティーじゃなかったら、きっと仕上がらなかったかも。

実はこれを含めて裁断済みの子どもの夏服が4枚。
縫いたい、という気持ちはあっても、新しい仕事を始めたこともあり、なかなかミシンに向かえませんでした。8月も中旬になり、「さすがにリバティだけは無駄にするわけには。」とお尻に火がついて縫い始めました。ところが、前身ごろにポケットつけて前立てに取りかかっている時に生地の裏表を間違えていることを発見したり、縫い始めたものの時間が取れなくなったりで、こんな子供服に2週間以上かかりました。

でも仕上がってホッ。

きのうの夜中に仕上げて、今日、着せて早速お出かけしてきました。
着用です。



d0103098_12404487.jpg

まだちょっと大き目でほっとしました。(来年も着れることに期待。)
本には「2-3才用」という記載だったので、きちんとしたサイズがわからず不安だったのですが、100cmサイズといったところかもしれません。
リバティー、フィービーの可愛さとあいまって、とっても可愛いワンピースになりました。

出かけた先はカウンティフェアです。以前にも書いたことはあるのですが、カウンティフェアは夏の間にこのあたりのいくつかの郡(カウンティ)で開かれる農業主体のお祭りです。メインはあちこちの農場から連れてくる家畜やその品評会と、移動式でそのときだけやってくる遊園地、食べ物の屋台など。
d0103098_12455333.jpg

ナナは牛に触って大喜び。羊、豚、にわとりもたくさんいました。
そして巨大うさぎ。
d0103098_12462090.jpg

柵の中に大きなカメと一緒に入っていました。「うさぎとカメ」らしいです。(笑)

「小さくてもきちんとした服」の本は、「2-3才用」が最大のサイズなので、そろそろサイズアウトです。このワンピとピクシーパンツを作っただけでも、値打ちがあったかも。
本のタイトル通り、「きちんとした服」が主体なので、個人的には「6ヶ月用」「12ヶ月用」の布帛物は、あまり使えませんでした。「ここぞ」といった機会があるときにはいいのでしょうが、ナナの場合はなかったからかもしれません。
ただ、今回のワンピも、みんなTシャツにショートパンツといったカジュアルな格好をしているところに着せていったので、あまり行き先にこだわる必要がないのかもしれませんね。
(「素敵なワンピースを着ているのね。)と知らないおばさんから声をかけられました。)
d0103098_1325841.jpg


私が一番好きな家畜は牛です。とっても可愛かったです。
d0103098_1341849.jpg


あと3着の裁断済みの夏服はもう作る気ゼロです。1枚だけは100cmサイズなので来年着れそうですが、あと2枚は完全に無理です。

ぼちぼち秋服に取りかかります。
[PR]
by crabapple_BB | 2012-09-02 13:11 | ソーイング