Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

嗚呼・・・スモーキー

d0103098_9435811.jpg

ソーイング意欲上昇中で、「よし、縫うぞ!」と意気込んでいた先週末・・・。
結局、何も縫えずに終わってしまいました。

先週から今日にかけてのスモーキーのお話。
興味のある人のみ、どうぞ。




先週の木曜日、お客さんがありました。
夫の高校時代の友人が、夫婦で犬まで連れて、うちに1泊しに来ました。

スモーキーは一応、犬が届かない高いところにかごを置いておきました。

この犬、ジャックラッセルという小型犬なのですが、うちにくるなり、玄関から一番離れた奥のスモーキーのいる部屋にまっしぐら。
犬が届くはずはないのに、かごの中にいるスモーキーはパニック。
バタバタ暴れまくりました。

結局はスモーキーのいる部屋のドアを閉めたのですが、スモーキーの鳴き声がすると、犬が興奮してドアの前まで行って、うなる、うなる・・・。
結構、大変でした。

金曜日、お客さんが帰ったあと、スモーキーが体調不良に。
ちょっと疲れたのかなぁ、ぐらいに思っていたのですが、土曜日には、えさを食べなくなり、羽をふくらませて、頭を羽の間につっこんで、ひたすら寝るのみ・・・。
糞ができなくなり、でてくるのは水だけ。

パニックになった私は土曜日に、インターネットで獣医さんを探し回りました。
鳥の場合、犬やネコ専門の人だと、診ることはみてくれても、ちゃんとした判断はできないらしい。
鳥専門の avian vet と呼ばれる人が、ここから車で1時間ぐらいのところにいることを発見。
しかも、土曜日は3時まで診療。
そのとき、2時だったので、なんとか、と思って電話してみたのですが、やはり無理だといわれ、月曜日の9時に予約を入れました。

月曜日までにスモーキーが死んでしまったら、どうしよう・・・。

本当に心配でした。

日曜日に少しずつエサを食べるようになり、ちょっと元気になりました。

そして、今日、月曜日。
スモーキーのかごを助手席にシートベルトでくくりつけ、苦手な高速道路を1時間運転して、病院に行ってきました。下痢をしているのと、感染症にかかっている、とのこと。
他の血液検査もしておいたほうがいい、と言われ、数種の血液検査を。

300ドル超かかりました(涙)。

40ドルのお薬を買わされて(!)、これから1週間、朝晩飲ませないといけないのですが、獣医さんがいとも簡単に、スモーキーをつかんで、口にスポイドを押し込んで飲ませたにもかかわらず、難しいのです、これが。
さきほど試してみたのですが、スモーキーが嫌がって口をあけないし、結局、ほとんどスモーキーのほっぺたに薬がついてしまいました。
飲ませたのは、ごく微量。

この病院、留守中に鳥を預かってくれるのですが、3週間留守にすることを考えると、とても払える金額ではありません・・・。

はぁ、スモーキー。

あなたは、なんてお金のかかる鳥。

次回、病気になったら、新しい鳥を買うよ!とスモーキーに言ってあります。。。。
[PR]
by crabapple_BB | 2009-10-27 10:00 | 暮らし