Crabapple

crabapples.exblog.jp
ブログトップ

ベリーのお菓子

d0103098_6574593.jpg

夫のリクエストでベリーのクリームブリュレを作りました。
これ、たまたま新聞にレシピが載っていたもの。
中にブルーベリーとラズベリーが入っています。

でも家庭では、表面に砂糖をかけて焦がすバーナーがないので、クリームブリュレはレストランで食べるものだなぁ、と思いました。
(表面、ちょっとざらざらしてますが、中はクリーミーでなめらかでした。)
d0103098_6595469.jpg

こちらはラズベリーマフィン。
これも新聞のレシピより。
急に思い立って、朝食に作りました。
ラズベリーは甘酸っぱいので、焼き菓子向きのような気がします。

なんだかんだ言っているうちに、ブルーベリーはかなり減りました。

d0103098_733672.jpg

庭のダイアンサス。
ダイアンサスってナデシコだったんですね。
色が気に入って、春先に苗をたくさん買ってきました。
次々と花をつけて、ずーっと咲いてくれているので、買って正解でした。

d0103098_754930.jpg

カリフォルニアポピー。
こぼれ種で毎年増えていってくれます。
とても好きな花です。

ということで、今年はバターカップというクリーム色のカリフォルニアポピーの種も植えてみました。
d0103098_772747.jpg

来年もっと増えてくれるのが楽しみです。

さて、全然違う話・・・。



アメリカに来て、2年3ヶ月ほどですが、日本にいた頃とは比べ物にならないぐらい病院のお世話になっています。(でも、深刻な病気とかじゃなくて、ほんのちょっとしたことばかりなのですが。)

アメリカは、医療費が高いうえに保険がとってもややこしいのです。
日本のように「本人の負担は1割」とかじゃなくて、加入している保険会社や種類によって負担額が変わってきます。なので、病院に行くと、co-pay と呼ばれる一律負担額(私の場合は25ドル)をまず払って、治療や診察の内容によって、あとから追加の請求書がうちに送られてきます。

今日は眼科に行ってきました。

なんだか先週末から、右目が痛かったり、かゆかったりで、充血していました。痛みとかゆみはとれたのだけど、充血がとれなくて、「結膜炎かも。」と思って、目薬で治そうとしたのですが、無理でした。

そこで、あちこちに電話をかけて眼科を探しました。

私の目を見たお医者さん、What's the heck is this? (「なんだ、こりゃ?」)と言ったのです。

何が起こっているのかと思って、こっちこそビックリ。

「目の中に shell of an insect (虫の殻)が入っている」と。
そして取り出して、見せてくれました。5mm角ぐらいのものでした。

虫の殻かどうかは、私にはわかりませんでしたが、これが、数日間、目の中に入っていたようです。お医者さん、どうして「虫の殻」だとわかったのだろう?

「取り除いたから、これで大丈夫だよ。」と笑われました。

はぁ・・・。

これで25ドル。

まぁ、日本でも初診料とかが入るから高いのでしょうが、原因がわかっていれば、自分で取り除けたかも。
[PR]
by crabapple_BB | 2009-07-30 07:31 | 暮らし | Comments(8)
Commented by masako_texas at 2009-07-30 08:48
crabappleさん
こんにちは。
お菓子、美味しそうですね。
菓子の表面をを焼く道具、クリスマス後にセールでお安くなったりしているといいですね。

お花もいっぱい咲いていて見ているだけで嬉しいです。
バターカップ、何だかクリームを混ぜて作ったバターを思い出す色に、ふ~んと思いました。

医療費のこと大変ですね。
さて、私ごとですが初めてカナダに住んだ時体が慣れるまでに3年くらい、妊娠したり出産したり、軽い鬱になったりずっと5年間病院と切り離せない生活をしていました。
そして現地で生まれた息子は、日本に住むようになって体が丈夫になり熱を出したりしなくなるまで5年ほどかかりました。
Commented by masako_texas at 2009-07-30 08:48
つづきです。
色々症状は違うとは思いますが、結論として思った事。
全く違う世界に来ているのだから、体が慣れるために(地域の病気、バイ菌に)人より免疫がないのかな、時間が解決するなということ。
以下長くなりますが、我が家の2度目の駐在時の様子です。
案の定、2度目の北米で1年以内に花粉症を私は発症してお医者さんが来て1年目でしょ?以前いた?ときいていました。
そして初めての外国になる娘が。小さな発熱やストレスから便秘等、今まで日本にいた時には無い病気にかかりました。
そして、学校の勉強が死ぬほど忙しかった息子は、はじめからとても元気だったのです。
お役にたてることかどうかは分かりませんが、はじめの赴任時 同じことをしても体がとても疲れました。3年目からようやく自分の住んでいるところという風になりました。娘も3年半の滞在のうち3年あたりから心も体もとても楽しそうになり ホッとしました。
保険の問題は難しく、会社によって給料が悪くても保険がよいとそれを目当てに就職する人もいるようですね。
Commented by Treehouse-in-k at 2009-07-30 19:55
ナデシコ=ダイアンサス!勉強になります。スペルもチェックしてしまいました(^^;)。
バターカップも名前そのものって感じで、おいしそうです♪。

お体、大丈夫ですか?国内と海外では比較にならないかもしれませんが、
私も軽井沢に引っ越してきてから病院にかかることがグッと増えました。
私は軽井沢に来てまだ1年と9ヶ月。慣れるまで3年かかるよ、と今日
知り合いから言われました。
BBさんもお大事に、お気をつけくださいね。
Commented by Treehouse-in-k at 2009-07-30 19:57
追伸: クレームブリュレもマフィンもおいしそう!
自分でも作ってみたいです。と、いつも言うだけなんですけど…(-_-;)。
Commented by crabapple_BB at 2009-07-31 12:33
むーさん、こんにちは。
経験談をどうもありがとうございます。学生時代に留学でこちらに来たときは、ほとんど病気をしなかったので、年のせいもあるかも、と思っているところです。(笑)まぁ、気楽だった学生時代とは違って、こちらで仕事をするなど、精神状態の違いもいろいろとあるのかもしれません。
でも、まぁ、今回の笑ってしまう目の話のように、たいしたことはないのですが。

保険、本当に難しいですよね。むーさんの言うように、給料が悪くても保険がいい、とかあるんですよね。病院にかかる場合は、それが大きな違いにもなってくるし・・・。でも、保険の内容は、その職場に勤めて見なければ詳細はわからないし・・・。本当に難しいです。
Commented by crabapple_BB at 2009-07-31 12:39
森の扉さん、こんにちは。
本当に花の名前を知らない私は、「ダイアンサス」と書かれているのを見て、買って帰ってきてから、調べてみると日本名は「ナデシコ」。ナデシコって名前は知っていても、ちゃんと花を知らなかったことを反省。

私の体、大丈夫ですよ。
今回のはちょっと笑い話のつもりで書いたのですが・・・。
でも、1つ例を挙げると、日本では「乳がん検診」なんて受けたことがなかったのに、お医者さんが気になるようで、今、6ヶ月ごとに受けるように言われているのです。あの苦痛のマモグラムを来週、受けることになっています。

私の作っているお菓子、単純なものばかりです。
Commented by candy-sarry at 2009-08-01 14:40
クリームブリュレ、おいしそー。
確かに表面のパリってしたとこがいいよね。
バーナーがなければスプーンを熱して押し当てるとか高温のオーブンで焼くとか方法はあるけど、やっぱりなかなかうまくいきませんよね。

目に虫の殻って・・・? 一体何の虫?
しかも5mm角って結構大きいよね? びっくり!
自分では何か入ってるって気づかなかったの?
Commented by crabapple_BB at 2009-08-03 23:55
candy-sarry さん
レシピにも、バーナーがなければ、オーブンのブロイラーを使って表面を焦がすように書かれていましたが、うまくいくのか疑問で、挑戦すらしませんでした。クリームブリュレはやっぱり表面のパリパリと中のクリーミーさんのコントラストがポイントですよね。

虫の殻の件は、私もさっぱりわかりません。
充血しているだけで、目に異物感は全然ありませんでした。
取り除いてもらったら、次の日に充血もきれいに取れました。